地球温暖化
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、20世紀後半から顕著になった温暖化について説明しています。一般的な「気候の温暖化」については「気候史」をご覧ください。
1940年?1980年の平均値に対する1999年から2008年の地表面の平均気温の変化1990年?2000年9月22日年の平均値に対する2070年から2100年の地表面の平均気温変化量の予測

地球温暖化(ちきゅうおんだんか、英語: Global warming)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気海洋平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言う。


目次

1 概要

2 現状の科学的理解

3 歴史的経過

4 近年の気温の変化

5 原因

5.1 IPCCによる評価結果

5.2 影響要因としくみ


6 影響

6.1 気温への影響

6.2 気象現象への影響

6.3 海水面の上昇

6.4 海水温・海洋循環への影響

6.5 生態系・自然環境への影響

6.6 社会への影響


7 対策

7.1 地球温暖化への対応の動き


8 論争

8.1 温暖化人為説に関する議論

8.2 緩和策、技術に関する議論

8.3 排出権取引に関する議論


9 脚注

10 関連項目


概要

地球の歴史上、気候の温暖化や寒冷化は幾度も繰り返されてきたと考えられている。地球全体の気候が温暖になる自然現象を単に「温暖化」と呼ぶこともあるが、近年観測されており、将来的にも百年単位で続くと予想される「20世紀後半からの温暖化」の意味で用いられることが多い。この記事では20世紀後半からの温暖化について説明する。
現状の科学的理解世界の年平均気温の偏差の経年変化(1891?2010年)[1]

地球表面の大気海洋の平均温度は「地球の平均気温」あるいは「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。地球の平均気温は1906年から2005年の100年間で0.74(誤差は±0.18°C)上昇しており、長期的に上昇傾向にある事は「疑う余地が無い」と評価されている[2][3]。上昇のペースは20世紀後半以降、加速する傾向が観測されている[2]。これに起因すると見られる、海水面(海面水位)の上昇や気象の変化が観測され、生態系人類の活動への悪影響が懸念されている[2]

この地球温暖化は自然由来の要因と人為的な要因に分けられる[4]。20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因とみられ、2007年2月に国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発行した第4次評価報告書 (AR4) によって膨大な量の学術的(科学的)知見が集約された結果、人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は9割を超えると評価されている[5]。このAR4の主要な結論は変わっておらず、より多くのデータを加えた第5次評価報告書の作成が進められている[6]

AR4によれば、2100年には平均気温が最良推定値で1.8?4°C(最大推計6.4°C)上昇すると予測される[7]。地球温暖化の影響要因としては、「人為的な温室効果ガスの放出、なかでも二酸化炭素メタンの影響が大きい」とされる[8]。その一方で太陽放射等の自然要因による変化の寄与量は人為的な要因の数%程度でしかなく、自然要因だけでは現在の気温の上昇は説明できないことが指摘されている[8]。一度環境中に増えた二酸化炭素などの長寿命な温室効果ガスは、能動的に固定しない限り、約100年間(5年?200年[9])にわたって地球全体の気候や海水に影響を及ぼし続けるため、今後20?30年以内の対策が温暖化による悪影響の大小を大きく左右することになる[10]


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:72 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE