土谷正実
[Wikipedia|▼Menu]

同音異字のミュージシャン「土屋昌巳」あるいは藤子・F・不二雄の長女「土屋匡美」とは異なります。

この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。免責事項もお読みください。

土谷 正実
誕生 (1965-01-06) 1965年1月6日
日本 東京都町田市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(53歳没)
日本東京都葛飾区小菅東京拘置所
ホーリーネームクシティガルバ
ステージ正悟師
教団での役職厚生省次官 → 第二厚生省大臣
入信1989年4月22日
関係した事件松本サリン事件
会社員VX殺害事件
地下鉄サリン事件
判決死刑(執行)
現在の活動死亡(刑死)

土谷 正実(つちや まさみ、1965年1月6日 - 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。元死刑囚東京都出身。筑波大学大学院化学研究科修士課程修了、博士課程中退。化学(物理化学有機化学)を専攻。ホーリーネームクシティガルバ。教団では第二厚生省大臣をつとめた。教団の化学者として化学兵器薬物を生成し、マスコミから化学班キャップと呼ばれた。ステージは菩師長であったが、地下鉄サリン事件直前に正悟師に昇格した。

殺害実行や謀議には関わっていないが、サリン生成方法を確立し、無差別大量殺人を可能にしたとして大量殺傷事件の共同正犯2011年死刑判決が下った

ザ!世界仰天ニュースの「洗脳スペシャル(2012年4月4日放送)」「家電が爆発&死刑執行サリンを作った土谷正実の真実スペシャル(2018年7月17日放送)」、「直撃!シンソウ坂上SP 独占スクープ!サリン事件極秘資料 ―オウム“天才”信者VS伝説の刑事―(2018年10月4日放送)[1]」で半生が特集された。

2018年7月6日東京拘置所にて麻原彰晃らと共に死刑執行[2]
目次

1 人物

1.1 中学・高校時代

1.2 大学・大学院時代


2 入信・出家

2.1 入信及び洗脳の経緯

2.2 出家を巡る家族と教団の攻防


3 出家後

3.1 兵器と違法薬物の製造

3.1.1 化学兵器生成に至る経緯

3.1.2 違法薬物生成に至る経緯


3.2 クシティガルバ棟


4 逮捕・裁判

4.1 逃走・逮捕

4.2 第一審(東京地裁)

4.3 控訴審(東京高裁)

4.4 上告審(最高裁)


5 洗脳が解けるまで

6 晩年

6.1 獄中結婚

6.2 大石圭との交流

6.3 精神状態の変調


7 死刑執行

8 エピソード

8.1 遠藤誠一との対立

8.2 人物評

8.3 発言


9 関連事件

10 注釈

11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

人物

長男として東京都町田市で出生。5歳下の妹、7歳下の弟がいる。家庭は裕福だった。幼少期は内向的でおとなしく、のちにオウム入信をめぐって激しく対立することになる母親から非常に可愛がられて育つ[3]。夢を正夢にするなど[4]合理的に説明できない感覚があり、教師に尋ねたが、納得のいく回答は得られなかった[5]
中学・高校時代

町田市立南中学校に入学すると活発なクラスの人気者になる。楠木正成の「楠公精神」をきっかけとして日本史に関心を持つ[6]東京都立狛江高等学校時代はラグビー部に所属。生きがいのように打ち込み、中心選手として活躍した。性格は明るくひょうきんで、同級生にも後輩にも慕われていた。高校時代の愛称は「ツッチー」[7]。成績は良くなかったが、高校2年生の時にイオン化傾向に興味を抱いて化学を勉強し始め[8]、学年トップになる。相性の悪い先生に代わると一気に点数が0点近くまで落ち、好き嫌いの激しい一面があった。この頃、人間が一生のうちに脳細胞の数%しか使わずに死んでいくことを知る。「非効率だ、これを100%近くまで発揮するものがあるはずだ」と考えていた時にテレビ番組でヨーガを知り、漠然とした興味を抱く[9]
大学・大学院時代

ヨーガを極めるためヒマラヤへ行きたいと思うが現実的ではないので諦め[5]、一浪して1984年筑波大学第二学群農林学類へ進学。荒井由実中島みゆきを聴くごく普通の青年だった[10]。高校時代から憧れていたラグビー部に入部。しかし、早々に重傷を負い5月末には退部を余儀なくされて、自暴自棄に陥り酒浸りの生活を送る[11]。生活はだらしなく、時間にもお金にもルーズであった[7]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:172 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE