国際音声記号
[Wikipedia|▼Menu]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。

国際音声記号

国際音声記号による「IPA」(言語は現代米国英語)。
類型:音声記号 (アルファベット様)
言語:あらゆる言語の表音的ないしは音素的表記に用いることを目的としている。
時期:1888年 - 現在
親の文字体系:ローミック記号(en)

フォノタイピック記号

国際音声記号


注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

国際音声記号 (こくさいおんせいきごう、: Alphabet phonetique international (API), : International Phonetic Alphabet (IPA) : IPA:a?phi?e?) は、あらゆる言語音声を文字で表記すべく、国際音声学会が定めた音声記号である。国際音声字母(こくさいおんせいじぼ)、国際音標文字(こくさいおんぴょうもじ)とも言う。
目次

1 歴史

2 用法

3 文字一覧表

3.1 子音(肺臓気流)

3.2 子音(非肺臓気流)

3.3 母音

3.4 補助記号

3.5 超分節要素

3.6 声調記号とアクセント


4 問題点と批判およびそれへの対応

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク

歴史 IPAの一覧表

国際音声記号は1888年に最初の版が制定されて以後以下のように何度かの改訂を経て今日に至っている。

1900年の改訂では、制定時の対象に入っていなかったアラビア語などの非ヨーロッパの言語の音をカバーするために拡張された。

1932年に二度目の大きな改訂が実施され、ほぼ現在の形が整った。その後数回にわたって記号が追加されたが、基本的な構造は半世紀以上ほとんど変更されなかった。

1976年の改訂では表の構造や用語が見直され、息もれ声を表す記号などが追加された。いくつかの冗長な記号が取り除かれた。

1989年に大幅な刷新が行われた。吸着音の記号を全面的に変更し、喉頭蓋音や無声の入破音などの記号を追加、声調を表すための趙元任の記号を正式に採用、多数のダイアクリティカルマーク(発音区別記号)を追加した。また、異体字の[? ?]や、ダイアクリティカルマークの使用により不要になった[? ?]は除去された。

1993年にはさらに改訂され、中舌母音のための新しい記号が追加された。1989年に追加されたばかりの無声の入破音の記号は破棄された。

1996年には小規模の改訂を受けた。1993年の改訂の誤りが修正された。

2005年の改訂では、唇歯はじき音のための記号が追加された。

2012年に国際音声記号の表がCC-BY-SAライセンスで自由に使用できるようになった[1]

2015年の改訂では記号は増減されず、わずかな字形の変更のみにとどまった[1]

用法

スラッシュ / / で挟んで書かれたIPAは、簡略表記(: broad transcription)と呼ばれ、各言語・表記体系ごとに認知・区別される音素(phoneme)に基づく大まかな発音表記を意味する。発話において、ある単語の発音は前後の単語や方言によって変わる場合があるが、それが同じ音素の異音であるかぎりは、同じ単語として理解される。簡略表記では、異音は表記上区別されず、一つの音素と一つのIPA記号が対応する。その際使われる記号はIPAの部分集合となるが、補助記号のないラテン文字が優先して選ばれることが多い。

一方、角括弧 [ ] で挟んで書かれたIPAは、精密表記(: narrow transcription)と呼ばれ、各言語・表記体系ごとの認知・区別事情を考慮せず、純粋に音声学(phonetics)に基づく、調音方法によって物理的に区別された詳細な発音表記を意味する。精密表記では、個々の言語音が、それが異音である場合も含めて、忠実に表記される[2]
文字一覧表
子音(肺臓気流)

子音のうち、肺臓気流によって作られる音声を表す文字。

唇音舌頂音舌背音咽喉音
両唇音唇歯音歯音歯茎音後部歯茎音そり舌音硬口蓋音軟口蓋音口蓋垂音咽頭音喉頭蓋音声門音
破裂音p bp? b?t d? ?c ?k ?q ? ??
鼻音  m  ?  n  ?  ?  ?  ?
ふるえ音  ?     r  *     ?  *
はじき音  ??  ?  ?  ?  ??  ??  *
摩擦音? βf vθ ds z? ?? ?c ?x ?χ?????h ?


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:54 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE