国道155号
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年12月)

一般国道

国道155号
総延長148.5 km
実延長145.2 km
現道117.7 km
制定年1963年指定
起点愛知県常滑市[錦交差点]地図)
主な
経由都市愛知県知立市豊田市春日井市一宮市津島市小牧市
終点愛知県弥富市
弥富高架橋南交差点(地図)
接続する
主な道路
記法国道247号
国道23号
国道1号
国道153号
国道19号
国道41号
国道22号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
刈谷市新富町(レクサス刈谷前)

国道155号(こくどう155ごう)は、愛知県常滑市から中京圏反時計回りに同県弥富市へ至る一般国道である。
目次

1 概要

1.1 路線データ


2 歴史

2.1 年表


3 路線状況

3.1 通称

3.2 バイパス

3.3 重複区間

3.4 道路施設


4 地理

4.1 通過する自治体

4.2 交差する道路


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目

7 外部リンク

概要

愛知県西・中部の環状道路として国道302号の外側を通る国道であり、名古屋環状3号線として位置づけられている[1]豊田南バイパストヨタ自動車堤工場をオーバーパスする。

小牧市から一宮市へ向かうバイパスは工事が完全には終了しておらず、両端とも現道と接続していない。また、完成のめども立っていない。この区間は都市計画道路北尾張中央道として計画されている。
路線データ

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

起点 : 常滑市(常滑市原松町三丁目88番 : 原松町交差点附近[3][4]国道247号上)

終点 : 愛知県海部郡弥富町[注釈 2](弥富高架橋南交差点=国道1号愛知県道105号富島津島線交点)

重要な経過地 : 知多市東海市大府市刈谷市知立市豊田市瀬戸市春日井市小牧市江南市一宮市稲沢市津島市

総延長 : 148.5 km(愛知県 147.0 km、名古屋市 1.5 km)重用延長を含む。[5][注釈 3]

重用延長 : 3.3 km(愛知県 3.3 km、名古屋市 - km)[5][注釈 3]

未供用延長 : なし[5][注釈 3]

実延長 : 145.2 km(愛知県 143.7 km、名古屋市 1.5 km)[5][注釈 3]

現道 : 117.7 km(愛知県 116.2 km、名古屋市 1.5 km)[5][注釈 3]

旧道 : なし[5][注釈 3]

新道 : 27.5 km(愛知県 27.5 km、名古屋市 - km)[5][注釈 3]


指定区間[6]

知立市上重原町丸山155番5 - 瀬戸市東茨町33番(刈谷市・知立市界 - 東本町交差点附近)


歴史

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された1953年昭和28年)では、名古屋富山線として指定されていた[7]1959年(昭和34年)に一級国道41号への昇格[8]に伴って欠番となり、1963年(昭和38年)に新たに指定された名古屋環状線に採番された[9]
年表

1963年昭和38年)4月1日二級国道155号名古屋環状線(常滑市 - 愛知県海部郡弥富町[注釈 2])として指定施行[9]

1965年4月1日道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道155号として指定施行[10]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE