国道136号
[Wikipedia|▼Menu]

一般国道

国道136号
総延長128.0 km
実延長128.0 km
現道111.6 km
制定年1953年指定
起点静岡県下田市
新下田橋東側(地図)
主な
経由都市静岡県伊豆市伊豆の国市
終点静岡県三島市
南二日町IC(地図)
接続する
主な道路
記法 国道135号
国道414号
国道1号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
伊豆の国市と伊豆市の境界付近。国道136号と修善寺道路狩野川が交差する。 伊豆市の横瀬交差点付近。都市部から離れているが、観光シーズンになると渋滞を起こすことで知られる。 松崎町石部 南伊豆町の南伊豆東小学校付近。

国道136号(こくどう136ごう)は、静岡県下田市から伊豆半島西海岸を経由して同県三島市に至る一般国道である。
目次

1 概要

1.1 路線データ


2 歴史

3 路線状況

3.1 バイパス

3.2 有料道路

3.3 通称

3.4 重複区間

3.5 道路施設

3.5.1 道の駅



4 地理

4.1 通過する自治体

4.2 交差する道路

4.3 峠


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク

概要

静岡県の伊豆半島にあり、富士箱根国立公園や伊豆西南海岸に指定される景勝地にある主要道路[1]。伊豆半島最南端に位置する下田市から西伊豆の海岸沿い沿って半島を縦貫し、中伊豆から三島市を結ぶ延長約128 kmの一般国道で、主な通過地は南伊豆町松崎町西伊豆町伊豆市伊豆の国市函南町である。中伊豆では、現道と並行する国道136号の自動車専用道路で有料バイパス道路でもある修善寺道路伊豆中央道が、伊豆縦貫自動車道を構成する。松崎町の駿河湾を臨む道路沿いには彫刻が展示されている区間があり、「富士見彫刻ライン」の愛称でよばれている[1]

東伊豆の国道135号や天城峠越えの国道414号と比べて道幅が狭い箇所が多く、特に南伊豆町から松崎町の間の通称マーガレットラインは、大型車の通行が困難になっている。観光シーズンには常時渋滞が発生しており、特に静岡県道19号伊東大仁線との交点(赤橋交差点)、伊豆中央道大仁中央ICから熊坂ICまでの区間、国道1号と合流する南二日町IC、伊豆中央道入口の大場川南交差点、船原出口交差点付近の渋滞は著しい。

2007年7月23日、22時頃より伊豆市土肥新田(船原トンネル西側付近)で、地滑りにより通行止めとなっていたが、8月11日より片側通行にて通行可能となり[2]、2008年12月20日に全面復旧した[3]
路線データ

一般国道の路線を指定する政令[4][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

起点 : 静岡県下田市(新下田橋東側=国道135号起点)

終点 : 静岡県三島市(南二日町IC=国道1号交点)

重要な経過地 : 静岡県田方郡土肥町、同郡天城湯ケ島町[注釈 2]、同郡大仁町[注釈 3]、同郡函南町

総延長 : 128.0 km[5][注釈 4]

重用延長 : なし[5][注釈 4]

実延長 : 128.0 km[5][注釈 4]

現道 : 111.6 km[5][注釈 4]

旧道 : 16.4 km[5][注釈 4]

新道 : なし[5][注釈 4]


指定区間 : なし[6]

歴史

1953年昭和28年)5月18日二級国道136号下田三島線(静岡県賀茂郡下田町[注釈 5] - 三島市)として指定施行[7]

1965年(昭和40年)4月1日道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道136号として指定施行[4]

路線状況
バイパス

下賀茂バイパス

西伊豆バイパス

天城北道路

修善寺道路

伊豆中央道

函南三島バイパス

有料道路
現在の有料区間


修善寺道路(修善寺IC - 大仁中央IC)

伊豆中央道(長岡北IC - 大場川南交差点)

過去の有料区間


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:55 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE