国立西が丘サッカー場
[Wikipedia|▼Menu]
国立スポーツ科学センター > 国立西が丘サッカー場

国立スポーツ科学センターサッカー場
"味の素フィールド西が丘"

東京23区の地図を表示東京都区部および多摩地域の地図を表示
施設情報
所在地東京都北区西が丘3丁目15?1[1]
位置北緯35度46分8.98秒
東経139度42分28.29秒座標: 北緯35度46分8.98秒 東経139度42分28.29秒
起工1969年
開場1972年
修繕2010年
所有者独立行政法人日本スポーツ振興センター
運用者独立行政法人日本スポーツ振興センター
グラウンド天然芝
ピッチサイズ105m×68m
照明4基
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
7,258人
アクセス
当項目参照

西が丘サッカー場(にしがおかサッカーじょう)は、東京都北区国立スポーツ科学センターにあるサッカー専用の球技場である。施設は独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「JSC」)が所有しており、JSCが運営・管理も行っている。正式な施設名称は「国立スポーツ科学センター(西が丘)サッカー場」(こくりつスポーツかがくセンター(にしがおか)サッカーじょう)である[2]

東京都中央区に本社を置く味の素命名権を取得しており、2012年5月1日から「味の素フィールド西が丘」(あじのもとフィールドにしがおか)の名称を用いている(後述)。
目次

1 施設概要

2 沿革

3 開催された主な大会

4 命名権

5 エピソード

6 アクセス

6.1 鉄道

6.2 バス


7 周辺施設

8 フォトギャラリー

9 出典

10 関連項目

11 外部リンク

施設概要

建設面積 : 1,186.65m2(スタンド面積3,460m2)
[2]

延べ面積 : 997.17m2[2]

芝生面積 : 10,614m2(フィールド:105m×68m)

夜間照明 : 4基、平均約1,200ルクス

収容人員 : 7,258人(個席:5,073、立見席:2,180、障害者席:5)

沿革

1969年5月:連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の接収地の1つであった東京兵器補給廠(TOD)の跡地返還後の国立競技場用地として用途が決定し、サッカー場の建設が開始[3]

1972年:国立西が丘競技場として竣工。こけら落としは男子ホッケーの日本対スペイン[3]

1972年8月25日:完成後初めてのサッカーの試合としてJSL東西対抗戦が開催[3]

1989年6月11日日本代表×インドネシア代表1990 FIFAワールドカップ・予選[3]

2004年3月18日U-23バーレーン代表×U-23レバノン代表アテネ五輪男子サッカーアジア最終予選

2007年: スコアボードを磁気反転型からカラーボード対応電光掲示板へ改修[3]

2010年:メインスタンドおよびバックスタンドの個席化および両ゴール裏に座席を設置。なお、収容人員が約9,000人から7,258人へ変更。[3]。21台の太陽光発電LED照明装置を設置[4]

2012年5月:命名権により「味の素フィールド西が丘」へ名称が変更[2]

開催された主な大会

第68回国民体育大会(スポーツ祭東京2013)のサッカー競技(少年の部)

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)公式戦

ホームゲームを開催したクラブは、北海道コンサドーレ札幌栃木SC大宮アルディージャFC東京(およびFC東京U-23)、東京ヴェルディ川崎フロンターレ横浜FCAC長野パルセイロなど(Jサテライトリーグは除く)。


天皇杯全日本サッカー選手権大会

日本女子サッカーリーグ

主催試合を開催したのは、日テレ・ベレーザジェフユナイテッド市原・千葉レディース


皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

日本フットボールリーグ

主催試合を開催したのは、ソニー仙台FCアルテ高崎東京武蔵野シティFC佐川急便東京SCFC町田ゼルビア国士舘大学


サッカー日本代表(- 1989年)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:62 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE