国立感染症研究所
[Wikipedia|▼Menu]

国立感染症研究所
国立感染症研究所(戸山庁舎)正門、2007年3月
正式名称国立感染症研究所
英語名称National Institute of Infectious Diseases
組織形態施設等機関
戸山庁舎所在地 日本
〒162-8640
東京都新宿区戸山1-23-1
北緯35度42分15.02秒東経139度43分2.56秒座標: 北緯35度42分15.02秒 東経139度43分2.56秒
所長倉根一郎
活動領域感染症
設立年月日1997年(平成9年)
前身国立予防衛生研究所(1947年(昭和22年) - 1997年(平成9年))
所管厚生労働省
公式サイトhttps://www.niid.go.jp/niid/
テンプレートを表示
全ての座標を示した地図 - OSM
全ての座標を示した地図 - Google
全座標を出力 - KML
全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示

国立感染症研究所(こくりつかんせんしょうけんきゅうしょ、英語: National Institute of Infectious Diseases, NIID)は、厚生労働省施設等機関1947年に設立された国立予防衛生研究所(英語: National Institute of Health, NIH)を前身とする。

村山庁舎は日本国内に二ヵ所あるバイオセーフティーレベル (BSL) 4の研究施設の一つ(もう一つは理研筑波研究所)であるが、両施設とも、地元住民らの反対によりBSL-3までの運用しかなされていないため、BSL-4が要求される研究は行うことができなかった[1][2][注釈 1]。2015年8月7日、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行に伴い感染が疑われる患者の詳細な検査や治療薬の開発のため、BSL-4施設に日本国内で初指定された[2][4]


目次

1 概要

1.1 所掌事務

1.2 所在地


2 組織

3 歴代所長

4 沿革

5 事件

6 在籍した人物

7 注釈

8 出典

9 関連項目

10 外部リンク


概要
所掌事務

病原及び病因の検索並びに
予防及び治療の方法の研究及び講習を行うこと。

予防、治療及び診断に関する生物学的製剤、抗菌性物質及びその製剤消毒剤殺虫剤並びに殺そ剤の生物学的検査、検定及び試験的製造並びにこれらの医薬品及び医薬部外品の生物学的検査及び検定に必要な標準品の製造を行うこと。

ペストワクチンその他使用されることがまれである生物学的製剤又はその製造が技術上困難な生物学的製剤の製造を行うこと。

食品衛生に関し、細菌学的及び生物学的試験及び検査を行うこと。

その他予防衛生に関し、科学的調査及び研究を行うこと。

予防衛生に関する試験及び研究の調整を行うこと。

所在地

戸山庁舎 〒162-8640
東京都新宿区戸山1-23-1(地図)

村山庁舎 〒208-0011 東京都武蔵村山市学園4-7-1(地図)

ハンセン病研究センター 〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-2-1(地図)

組織

総務部

企画調整主幹

ウイルス第一部

ウイルス第二部

ウイルス第三部

細菌第一部

細菌第二部

寄生動物部

感染病理部

免疫部

真菌部

細胞化学部

昆虫医科学部

獣医科学部

血液・安全性研究部

品質保証・管理部

国際協力室

バイオセーフティ管理室

動物管理室

感染症疫学センター

エイズ研究センター

病原体ゲノム解析研究センター

インフルエンザウイルス研究センター

ハンセン病研究センター

歴代所長
小林六造


小島三郎

中村敬三

小宮義孝

柳澤謙

福見秀雄

村田良介

宍戸亮

林滋生

大谷明

徳永徹

山崎修道

竹田美文

吉倉廣

倉田毅

宮村達男

渡邉治雄

倉根一郎

沿革

1947年(昭和22年)5月21日 - 東京帝国大学附属伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)の一部を独立させて厚生省所管の予防衛生研究所を設置。[5]

1948年(昭和23年)8月31日 - 原子爆弾影響研究所を広島および長崎に開設。[6]

1949年(昭和24年)6月1日 - 国立予防衛生研究所に改称。[7]

1955年(昭和30年)3月23日 - 海軍大学校跡地(東京都品川区上大崎2丁目)に移転。[8]

1961年(昭和36年) - 国立村山療養所の敷地にワクチン検定庁舎(後の村山分室)を設置。[8]

1975年(昭和50年)4月1日 - 原子爆弾影響研究所を放射線影響研究所へ移管[8]

1978年(昭和53年)4月5日 - 筑波医学実験用霊長類センター設置[8]

1980年 - 村山分室に高度安全実験室(BSL4施設)が完成

1988年(昭和63年) - エイズ研究センター設置

1992年(平成4年)10月 - 新宿区の厚生省戸山研究庁舎に移転

1997年(平成9年) - 国立多摩研究所を統合しハンセン病研究センターを設置、国立感染症研究所に改名

2002年(平成14年) - 一部を国立保健医療科学院国立医薬品食品衛生研究所に移管

2005年(平成17年) - 筑波医学実験用霊長類センターほかを医薬基盤研究所に移管

2015年(平成27年)8月7日 - BSL-4に国内初指定[2][4]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE