図書
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「図書」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「図書 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
現代的な本本(部分)

本(ほん)は、書籍または書物とも呼ばれ、絹布等の軟質な素材に、文字記号図画等を筆写、印刷し、等で装丁製本したもの(銭存訓(1990)[書誌 1])。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年ユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している[1]

内容(コンテンツ)的にはほぼ従来の書籍のようなものでも、紙などに文字を書いたり印刷するのではなく、電磁的または光学的に記録・再生されるものやネットワークで流通させるものは、電子書籍という。


目次

1 呼称の由来

2 本の歴史

2.1 起源

2.2 中国

2.3 メソポタミアの粘土板文書

2.4 古代エジプトのパピルス書物

2.5 羊皮紙本

2.6 冊子本

2.7 紙本の登場

2.8 和書の歴史


3 分類

3.1 書字方式による分類

3.2 形態による分類

3.3 流通による分類

3.4 その他


4 冊子本の構造

5 識別子

6 統計

6.1 世界

6.2 日本


7 ギャラリー

8 脚注

8.1 全文

8.2 書影

8.3 書誌

8.4 注釈


9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク


呼称の由来

漢字の「本」は、「」という漢字の中心線の部分のやや下寄りのところに短い横線で印をつけることによって その部分を指し示した文字であり、樹木の根もとを意味している。これが日本では「ものごとのおおもと」という意味を表すようになった。そこから書写に使うもとの書物を本というようになり、さらには書物全般を指す言葉になった。なお、中国語においては「本」という言葉に「書籍」という意味は存在しない。書籍という語は、文字を記録したと、尊い典籍、経籍を意味する「籍」の合成語である(『康煕字典』903頁[書影 1])。

英語のbook、ドイツ語のBuchは古代ゲルマン民族ブナの木を指す言葉から出ており、フランス語のlivre、スペイン語のlibroはもともとラテン語の木の内皮 (liber) という言葉から来ている。こちらは大昔にそうした木の皮や木の薄板などに文字を書いたことに由来していると言われている。
本の歴史

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年6月)
シュメール語が書かれた粘土板(紀元前 2400?2200年)パピルス製の巻物に書かれたエジプトの死者の書オシリス神の姿5世紀ウェルギリウスの著作。著者の肖像も描かれている。15世紀、羊皮紙写本製作の様子。一文字ずつ人の手で書き写す。道具や、部屋の様子などが伺われる(Miracles de Notre Dameより)。コーラン(1100年ごろ)グーテンベルク聖書活版印刷江戸時代に製作された吾妻鏡の研究結果、『吾妻鏡集解』

「書物の歴史」(イリーン著)で人間の本と謡われている通り、古代では人間という生きた本が部族の歴史などを口伝で伝えた。しかし人間社会が発達するにつれ、人の記憶だけでは済まされなくなり、様々な記録媒体が登場するようになった。
起源

インカ帝国キープ(結縄)インディアンが使用した彩色したの刻み目や組合せ、古代中国亀甲文字や獣骨文字や金石文字、インドなどの木の葉に記した文字、メソポタミア粘土上に記した文字など、文明化した世界各地で様々な書写材料が試みられた。これらのうち、もっとも多くの民族が手軽に利用した、木の皮をはぎ、そこに書き写す行為が本の祖形になったと考えられ、先に挙げたゲルマン系やラテン系の言葉にも伺える。
中国

東洋の書籍の書写材料は簡策、絹帛、の順に開発された。

簡策

代(紀元前17世紀 - 紀元前11世紀)に2本の紐で括られた簡策を意味する「冊」や、机上に置かれた(尊い)冊を表す「典」(『康煕字典』128頁[書影 2])の存在を記している(s:zh:維基文庫『尚書 : 多士』[注釈 1])。50cm前後に1行10?20字を記してなめし皮の紐で編み連ねたものが古くから使用された。この形を冊と呼び、今日、本を1冊、1篇と数えるのはこの当時の名残であると思われる。


竹簡、木牘が廃れたのは4世紀頃までとしている(銭存訓(1990)[書誌 2])。

絹帛

桓公 (斉)紀元前684年 - 紀元前643年在位)が「著之于帛,申之以策」と記した頃から始まり(『晏子春秋』巻7[全文 1])、6世紀頃まで行われた。



105年蔡倫の蔡侯紙(『後漢書』巻78[全文 2])以降、現代まで使用され、書籍とは紙で作成されるという認識が一般的である。

メソポタミアの粘土板文書

メソポタミアを流れるチグリス川ユーフラテス川の下流は粘土質であった為、メソポタミア文明ではその土を厚く板状にし、とがった棒やの先端で楔形文字を刻み、日に乾かしたり火で焼いたりして粘土板文書(clay tablet)を作った。有名なニネベ遺跡からは2万を越す粘土板文書が出土し、その内容も天文暦数、神話伝説など多岐にわたり、当時の文明の高さを窺い知ることができる。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:55 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE