団子
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、餅を小さく丸めた菓子の「団子」(だんご)について説明しています。

歌舞伎役者の名跡「団子」(だんこ)については「市川團子」をご覧ください。

お団子と呼ばれる髪型については「シニヨン」をご覧ください。

一般的な団子花見だんご

団子(だんご)とは、穀物の粉をやお湯を加えて丸め、蒸したりゆでたりしたもの [1]きな粉をまぶしたり醤油やあんで味付けしたものや、串にさした串団子などがあり、一般的に和菓子を指すが肉団子や土団子など丸めたものを呼ぶ場合がある[1]。他に日本家紋の一つに、串団子紋や因幡団子などのがある[1]


目次

1 概要

2 歴史

3 保存

4 主な串団子

4.1 その他の団子


5 色々な団子

6 民俗

7 団子にまつわる言葉

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 関連項目


概要

今日では「だんご」という呼び名が広く定着しているが、地方によっては「だんす」(東北地方など)、「あんぶ」(新潟県など)、「おまる」(滋賀県四国地方など)など様々な呼称がある。

古くは焼団子や団子汁の形で主食の代用品として食せられ、材料も粒食が出来ない砕米や屑米や粃、雑穀の場合は大麦小麦キビヒエソバトウモロコシ小豆サツマイモ栃の実などを挽割あるいは製粉したものを用いて団子を作った。今日でも地方によっては小麦粉や黍(きび)粉などで作った米以外の団子を見ることが可能である。

団子との違いについては、「団子は粉から作るが、餅は粒を蒸してから作る」「団子はうるち米の粉を使うが、餅は餅米を使う」「餅は祝儀に用い、団子は仏事に用いる」など様々な謂れがあるが、粉から用いる餅料理(柏餅桜餅)の存在や、ハレの日の儀式に団子を用いる地方、団子と餅を同一呼称で用いたり団子を餅の一種扱いにしたりする地方[注釈 1]もあり、両者を明確に区別する定義を定めるのは困難である。

砂糖を加えて甘味をつけたものが多いが、元々は保存食であるため、醤油で味付けして食べるために砂糖を加えないものもある。また、小豆のや砂糖醤油餡、きな粉をつけたり、汁粉みつまめに入れたりして食べる。

また派生して団子状の丸いもの、もしくは丸まったもののことを団子と呼ぶ場合もある(例えば土団子ダンプリングミートボール肉団子)、クネードルなど)。これらは形状による分類である。
歴史月見だんご

団子は、柳田國男説の神饌の1つでもある粢(しとぎ)を丸くしたものが原型とされる。熱を用いた調理法でなく、穀物を水に浸して柔らかくして搗(つ)き、一定の形に整えて神前に供した古代の粢が団子の由来とされる。

粢(しとぎ)とは日本古代の米食法の一種、に浸したを原料にさまざまな形に固めたものを呼び、現在は丸めたものが代表的である[2]。別名で「しとぎもち」と言い、中に豆などの具を詰めた「豆粢」や、米以外にヒエを食材にした「ヒエ粢」「粟粢」など複数ある[2][3]。地方によっては日常的に食べる食事であり、団子だけでなくにも先行する食べ物と考えられている[4]

「団子」の名称は平安時代に書かれた『新猿楽記』に登場したのが最古のものである。南北朝時代に書かれた『拾芥抄』には「団子(だんす)」が登場し、ほぼ同時代の『沙石集』や『庭訓往来』にも「団子」の語が見える。柳田國男は「団子」の名称は後世になってから類似の唐菓子の名前が当てはめられたものに過ぎないとしている。

唐菓子の歓喜団(または団喜)とは、遣唐使が持ち帰ったとするインド料理(モーダカ)由来の菓子で、名前は歓喜天に供えることに因んでいる[5]。平安時代中期成立の『和名類聚抄』においても「歓喜団、一名団喜」と記し、団喜とは歓喜団の別名と扱っている[6]

平安時代末から鎌倉時代末にかけての、日本最古の料理書である『厨事類記』では、歓喜団(団喜)は「粢(しとぎ)のようにしとねて、おし平めて(中略)良き油をこくせんじて入べし、秘説云、油に入れば、火のつきてもゆるがきゆる也(後略)」と説明し、粢のようにまずは調理し、後半は油に入れ揚げ仕上げる料理となっている[7]粢に似せて作る『厨事類記』の歓喜団(団喜)は今日の団子に近いとも言われる[8]


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE