嘉悦氏房
[Wikipedia|▼Menu]
嘉悦氏房

嘉悦 氏房(かえつ うじふさ、天保5年(1834年)1月 - 明治41年(1908年10月30日)は、日本の政治家
経歴

熊本藩士の子として肥後国託麻郡本山村(現在の熊本県熊本市)に生まれ、横井小楠に師事した。その後、宮部鼎蔵に従って尊王運動に参加。たびたび上京して、橋本左内坂本龍馬西郷隆盛らと交わった。

明治維新後、熊本藩は新政府に反旗を翻そうとしているとの嫌疑をかけられたが、氏房が長崎に赴いて知事の澤宣嘉に釈明して事なきを得た。明治3年(1870年)5月、民部省に出仕し、7月に大蔵省に移った。9月に胆沢県大参事に就任し、その後、熊本県少参事、八代県権参事を歴任した。明治6年(1873年)、白川県権参事となるが、権令の安岡良亮と対立し、野に下った。

官を辞して後は「広取黌」という学校を開き、内田康哉(後の外務大臣)・林田亀太郎(後の衆議院議員)・亀井英三郎(後の警視総監)らが学んだ。また製糸事業や製茶事業も興している。

明治12年(1879年)、熊本県会議員に当選し、翌年に議長となった。明治15年(1882年)、山田武甫・前田案山子らとともに九州改進党を結成した。明治20年(1887年)には九州鉄道の設立発起人に名を連ねている。

明治26年(1893年)、衆議院議員となり、一期務めた。
家族

長女:
嘉悦孝(学校法人嘉悦大学創立者)

二男:嘉悦敏(陸軍少将)

参考文献

『立身致富信用公録 第15編』、国鏡社、1903年。


公職
先代:
安場保和胆沢県知事(大参事)
第3代:1870年 - 1871年次代:
不在










衆議院請願委員長


新設

片岡健吉

江原素六

紫藤寛治

高田早苗

嘉悦氏房

小松三省

山田忠兵衛

浜名信平

佐藤昌蔵

小室重弘

中村弥六

山本幸彦

大三輪長兵衛

佐藤昌蔵

菅原傳

田健治郎

武石敬治

栗塚省吾

竹越與三郎

横井時雄

竹越與三郎

立川雲平

榊田清兵衛

福井三郎

武藤金吉

植場平

渡邊修

長島鷲太郎

粕谷義三

肥田景之

加藤彰廉

本田恒之

斉藤珪次

坂東勘五郎

福井三郎

古谷久綱

佐々木文一

清崟太郎

清水市太郎

植場平

竜野周一郎

三輪市太郎

菅原傳

西村正則

八田宗吉

長田桃蔵

池田亀治

土井権大

前田房之助

中林友信

岡田伊太郎

生田和平

浅川浩

菅村太事

永田善三郎

清水銀蔵

胎中楠右衛門

高見之通

山下谷次

宮川一貫

松実喜代太

山本慎平

石坂豊一

坂東幸太郎

中亥歳男

青木亮貫

菅野善右衛門

信太儀右衛門

佐保畢雄

清寛

加藤知正

西村金三郎

青木精一

永田良吉

平川松太郎

大島寅吉

清水留三郎

石坂養平

清寛

永田良吉

小笠原八十美

中野寅吉

大塚甚之助

廃止




更新日時:2015年11月22日(日)14:40
取得日時:2018/08/21 22:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:9579 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE