名鉄3400系電車
[Wikipedia|▼Menu]

名鉄3400系電車「流線・いもむし」
3400系3403編成(1988年)
基本情報
運用者名古屋鉄道[1]
製造所日本車輌製造本店[1]
製造年1937年昭和12年)[2][* 1]
製造数12両[2][3][4]
運用開始1937年(昭和12年)3月[2]
運用終了2002年平成14年)8月[5]
主要諸元
編成2両編成[6]
軌間1,067 mm狭軌[7]
電気方式直流1,500 V架空電車線方式[8][9]
設計最高速度120 km/h[7]
車両定員92人(座席56人)[8][9]
自重モ3400形:40.50 t[8]
ク2400形:32.00 t[9]
全長19,000 mm[1]
全幅2,740 mm[1]
全高4,100 mm[1]
車体半鋼製[1]
台車D16[8][9]
主電動機直流直巻電動機 SE-139C[8]
主電動機出力112.5 kW
(端子電圧750 V時一時間定格)[8]
搭載数4基 / 両[8]
駆動方式吊り掛け駆動[7]
歯車比2.64 (58:22)[8]
定格速度全界磁時:76 km/h[7]
60 %弱め界磁時:96.2 km/h[7]
制御方式電動カム軸式間接自動加速制御(AL制御)[8]
制御装置ES-515-A[8]
制動装置AMM / ACM自動空気ブレーキ
定速制御回生制動併用[8][9]
備考各データは竣功当初[1][7][8][9]
第9回(1993年エバーグリーン賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート
テンプレートを表示

名鉄3400系電車(めいてつ3400けいでんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)が主に優等列車運用に供する目的で1937年昭和12年)に導入した電車である。名鉄の直流1,500 V電化路線において運用された吊り掛け駆動車各形式のうち、間接自動進段制御器を搭載するAL車に属する。

先頭車の前頭部を流線形状として、前面から側面にかけての車体下部全周をスカートと称する下部覆い板にて覆った外観を特徴とし[6]、名鉄社内においては3400系電車を「流線(りゅうせん)」と呼称した[10][11]。また鉄道愛好家からは主に「いもむし」の愛称で呼称された[11][12]

以下、本項においては3400系電車を「本系列」と記述し、また編成単位の説明に際しては制御電動車モ3400形の車両番号をもって編成呼称とする(例:モ3401-ク2401の2両で組成された編成であれば「3401編成」)。
目次

1 概要

2 導入経緯

2.1 当時の時代背景

2.2 連接車計画の存在


3 車体

3.1 外観

3.2 車内


4 主要機器

4.1 制御装置

4.2 主電動機・台車など

4.3 補助機器・連結器など


5 導入後の変遷

5.1 太平洋戦争前後

5.2 3両編成化

5.3 4両編成化および各種改良

5.4 重整備工事の施工

5.5 重整備工事施工後

5.6 動態保存車両化

5.7 車体塗装の復元


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:256 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE