吉野川
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、四国の吉野川について説明しています。近畿の吉野川については「紀の川」を、かつて「よしの川」と名乗っていた列車については「剣山 (列車)」を、その他の用法については「吉野川 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

吉野川
瀬詰大橋(阿波市・吉野川市)から西望
水系一級水系 吉野川
種別一級河川
延長194 km
平均流量-- m³/s
流域面積3750 km²
水源瓶ヶ森愛媛県
水源の標高1897 m
河口・合流先紀伊水道(徳島県)
流域 日本
高知県徳島県
テンプレートを表示
吉野川中流域。阿波市吉野川市周辺
2007年9月19日撮影 吉野川河口(手前は徳島市街地)
2013年3月30日撮影

吉野川(よしのがわ)は、一級水系である吉野川水系の本川で、高知県および徳島県を流れる幹川流路延長194 km、流域面積3,750 km2河川である。最長川幅は荒川の2,537 mに次いで広く、2,380 mである[1] 源流の碑は瓶ケ森の南側を走る瓶ケ森林道脇にある 源流の碑から見る

日本三大暴れ川の1つとして数えられ、利根川(坂東太郎)・筑後川(筑紫次郎)と並び四国三郎(しこくさぶろう)の異名を持つ[2]。(順位争いで「四国次(二)郎」といわれることもある)[3]
目次

1 地理

1.1 本川沿岸の自治体

1.2 本川は流れていないが、支流が流れている自治体


2 吉野川開発史

2.1 徳島藩の治水事業

2.2 新田開発と干拓

2.3 明治期の河川開発?麻名用水と第十樋門?

2.4 銅山川分水と利害の対立

2.5 銅山川違法水利事件

2.6 吉野川総合開発事業

2.6.1 吉野川総合開発計画

2.6.2 吉野川水系水資源開発基本計画


2.7 環境保護と水不足


3 吉野川源流の森

4 吉野川水系の主要河川

5 吉野川水系の河川施設

5.1 河川施設一覧


6 橋梁など

7 自然景勝地・名所・祭典

8 かつて存在したもの

9 脚注

10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク

地理

愛媛県西条市高知県本川村(現:いの町)に頂を有する瓶ヶ森(標高1896.2 m)より湧き出で、高知県吾川郡いの町の白猪谷を最源流とし、四国山地の南側を東流、その後高知県長岡郡大豊町で向きを北に変え、四国山地を横断する。三好市山城町で愛媛県新居浜市の冠山を源とする最長の支流、銅山川が合流し、三好市池田町の池田ダム香川用水により香川県に分流、三好市池田町で再び東流し、徳島市紀伊水道に注いでいる。高知、愛媛、徳島が関係するため、かつて、この付近では三土地川(みどちがわ)とも呼ばれていた。讃岐山脈と四国山地に挟まれた下流域では徳島平野を形成している。吉野川の流域面積は約3750 km2であり、これは四国の面積の約2割に当たる。唯一水流が四国4県に及ぶ水系である。ただし各県内で一番長い川は高知県では四万十川(四国最長)、徳島県では那賀川である。
本川沿岸の自治体
高知県
(上流域)
吾川郡いの町土佐郡大川村、土佐郡土佐町長岡郡本山町(中流域)長岡郡大豊町
徳島県
(中流域)三好市三好郡東みよし町(下流域)美馬郡つるぎ町**、美馬市吉野川市**、阿波市*、板野郡上板町名西郡石井町**、板野郡藍住町*、徳島市
(*は北岸 / 左岸にのみ位置する自治体、**は南岸 / 右岸にのみ位置する自治体)
本川は流れていないが、支流が流れている自治体
高知県
南国市香美市
徳島県
名西郡神山町名東郡佐那河内村鳴門市板野郡板野町、板野郡北島町、板野郡松茂町
愛媛県
新居浜市四国中央市
香川県
木田郡三木町さぬき市東かがわ市
吉野川開発史

「坂東太郎」(利根川)・「筑紫次郎」(筑後川)と並び「四国三郎」と渾名される吉野川の名は「ヨシが河原に多く繁る川」から来たと言われている。四国四県を網羅するその水系は流域の生命線として多大なる恩恵を与えると同時に、数多くの水害の歴史を持つ。有史時代では886年仁和2年)の洪水が初出である。
徳島藩の治水事業

吉野川の河川開発が本格的に開始されたのは江戸時代に入ってからのことである。1585年天正13年)、長宗我部元親四国征伐で下した豊臣秀吉は、功のあった蜂須賀正勝阿波国一国17万石に封じた。これより蜂須賀氏による阿波支配は始まる。後に蜂須賀家政蜂須賀至鎮父子は徳川家康に与し大坂の役の功績により淡路国も与えられ阿淡25万石の太守となった。以後徳島城を本拠として代々の藩主は領国の経営に当たるが、最大の課題は吉野川の治水・利水であった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:77 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE