吉田松陰
[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2015年4月)

吉田松陰
吉田松陰像(山口県文書館蔵)
通称:吉田寅次郎
生年:文政13年8月4日1830年9月20日
生地: 長門国
没年:安政6年10月27日1859年11月21日
満29歳没
没地: 江戸
思想:尊王攘夷
活動:倒幕
藩:長州藩
投獄:野山獄、伝馬町牢屋敷
裁判:斬罪(罪状:老中暗殺を計画)
刑場:伝馬町牢屋敷
受賞:正四位[1]
廟:桜山神社松陰神社靖国神社
吉田松陰山河襟帯詩碑、京都府立図書館前、京都市左京区

 
神道

基礎
神道 日本神話
 神の一覧
資料
古事記 日本書紀
風土記 古語拾遺
神社
神社 神社神道
神社一覧 神社本庁
祭祀と祭礼
祭祀 祝詞
関連用語
神道用語一覧
神仏習合 山岳信仰
民俗学 国学
国家神道 教派神道
ポータル
ウィキプロジェクト










吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本武士長州藩士)、思想家教育者山鹿流兵学師範。一般的に明治維新の精神的指導者理論者・倒幕論者として知られる。私塾「松下村塾」で、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者に思想的影響を与えた。


目次

1 名前

2 生涯

3 ゆかりの地

4 思想

4.1 一君万民論

4.2 飛耳長目

4.3 草莽崛起

4.4 対外思想

4.5 吉田松陰に影響を与えた中国の思想家 


5 発言

6 評価

7 一族

8 系譜

9 肖像

10 影響

11 吉田松陰を題材とする作品

12 脚注

13 出典

14 資料・文献

15 関連項目

15.1 縁者

15.2 その他


16 外部リンク


名前

幼時の名字は杉(本姓不明)。幼名は寅之助。吉田家に養子入り後、大次郎と改める。通称は寅次郎。は矩方(のりかた)。は義卿、は松陰の他、二十一回猛士。

安政元年11月20日に「二十一回猛子説」(遺書『留魂録』に収録)で、松陰はこう記している。文に曰く、二十一回猛子と、忽ち覚(さ)む。因て思ふに杉は二十一の象あり。吉田の字も亦二十一回の象あり。我が名は寅、寅は虎に属す。虎の特は猛なり。

二十一回猛子の「二十一」の由来は、杉の木を分解すると「十」と「八」で18、三が3で計21。吉田は士と十で21、ロと口で回という意味である[2]
生涯

文政13年(1830年)8月4日(西?9月20日)、長州萩城下松本村(現:山口県萩市)で長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。天保5年(1834年)、叔父で山鹿流兵学師範である吉田大助の養子となり、兵学も修める。天保6年(1835年)に大助が死亡したため、同じく叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受けた。9歳のときに明倫館の兵学師範に就任。11歳のとき、藩主・毛利慶親への御前講義の出来栄えが見事であったことにより、その才能が認められた。13歳のときに長州軍を率い西洋艦隊撃滅演習を実施。15歳で山田亦介より長沼流兵学の講義を受け、山鹿流、長沼流の江戸時代の兵学の双璧を収めることとなった。松陰は、子ども時代、父や兄の梅太郎とともに畑仕事に出かけ、草取りや耕作をしながら四書五経の素読、「文政十年の詔」[注 1]「神国由来」[注 2]、その他頼山陽の詩などを、父が音読し、後から兄弟が復唱した。夜も仕事しながら兄弟に書を授け本を読ませた[3]

しかしアヘン戦争が西洋列強に大敗したことを知って山鹿流兵学が時代遅れになったことを痛感すると、西洋兵学を学ぶために嘉永3年(1850年)に九州に遊学する。ついで、江戸に出て佐久間象山安積艮斎に師事する。嘉永4年(1851年)には、交流を深めていた肥後藩宮部鼎蔵山鹿素水にも学んでいる[4]

嘉永5年(1852年)、宮部鼎蔵らと東北旅行を計画するが、出発日の約束を守るため、長州藩からの過書手形(通行手形)の発行を待たず脱藩。この東北遊学では、水戸会沢正志斎と面会、会津日新館の見学を始め、東北の鉱山の様子等を見学。秋田では相馬大作事件の現場を訪ね、津軽では津軽海峡を通行するという外国船を見学しようとした。江戸に帰着後、罪に問われて士籍剥奪・世禄没収の処分を受けた。

嘉永6年(1853年)、ペリー浦賀に来航すると、師の佐久間象山と黒船を遠望観察し、西洋の先進文明に心を打たれた。この時、同志である宮部鼎蔵に書簡を送っている。そこには、「聞くところによれば、彼らは、来年、国書の回答を受け取りにくるということです。その時にこそ、我が日本刀の切れ味をみせたいものであります」と記されていた[5]。その後、師の薦めもあって外国留学を決意。同郷で足軽の金子重之輔長崎に寄港していたプチャーチンロシア軍艦に乗り込もうとするが、ヨーロッパで勃発したクリミア戦争イギリスが参戦した事から同艦が予定を繰り上げて出航していた為に果たせなかった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE