台風
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「颱風」はこの項目へ転送されています。アメリカの映画については「颱風 (映画)」をご覧ください。
宇宙から見た台風(平成16年台風第18号日本の南にある3つの台風(平成18年台風7, 8, 9号)。2006年8月7日。

台風(たいふう、颱風)は、北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速が約17m/s(34ノット風力8)以上にまで発達したものを指す呼称[1]強風域暴風域を伴って強いや風をもたらすことが多く、しばしば気象災害を引き起こす。


目次

1 定義

1.1 位置

1.2 勢力


2 台風の構造と階級

2.1 台風の構造

2.2 台風の階級


3 台風の発生と発達

3.1 台風の発生

3.2 台風の発達

3.3 日本への接近・上陸


4 台風の観測と進路予測

4.1 台風の観測

4.2 台風の進路予報表示


5 台風の影響

5.1 台風による被害

5.2 台風による社会的な影響

5.3 台風と水資源

5.4 台風と生物学的自然

5.5 日本における記録的な台風


6 「台風」の語源

7 台風の命名

7.1 英語名(アメリカ式)

7.2 アジア名

7.2.1 アジア名の導入

7.2.2 リストの変更(引退)

7.2.3 アジア名の一覧


7.3 日本(台風番号等)

7.3.1 台風番号

7.3.2 気象庁命名台風

7.3.3 台風の俗称


7.4 フィリピン(フィリピン名)


8 台風の統計

8.1 台風の平年値

8.2 台風の記録

8.2.1 数に関する記録

8.2.2 時期などに関する記録

8.2.3 規模に関する記録


8.3 各番号の台風

8.4 各年の台風


9 脚注

9.1 注釈

9.2 出典


10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク



定義

気圧が最も低い位置を「気圧中心」といい[2]、その位置と勢力で台風は定義される。
位置

北西太平洋の「東経100度線から180度経線までの北半球」に中心が存在するものをいう[3]。海域としては北太平洋西部(北西太平洋)およびその付属海である南シナ海東シナ海フィリピン海日本海などにあたり、陸域としては東アジア東南アジアミクロネシアのそれぞれ一部が含まれる。

同じ最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧のうち、北インド洋南太平洋にあるものは「サイクロン[3][注 1]と呼ばれ、北大西洋と北東太平洋の熱帯低気圧のうち最大風速が32.7m/s以上のものは「ハリケーン[注 2]と呼ばれるが、これらの熱帯低気圧が地理的な境界線を越えた場合は呼び方が変わる。例えば、2006年に北東太平洋で発生したハリケーン・イオケは、西進して経度180度を越えたため台風12号になった。このように、区域を跨って台風に変わったものを越境台風と呼ぶ。逆に1972年の台風29号は、マレー半島を通過してベンガル湾に抜けたことによりサイクロンに変わった。「熱帯低気圧#分類・命名」も参照

なお世界気象機関の国際分類では地理的な領域に関係なく、熱帯低気圧を最大風速によりトロピカル・デプレッション、トロピカル・ストーム、シビア・トロピカル・ストーム、タイフーンの4段階に分類している。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:143 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE