古墳
[Wikipedia|▼Menu]
前方後円墳の例・仁徳天皇陵とされる「大仙陵古墳国土交通省国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

古墳(こふん)とは、古代の墳墓の1種。土を高く盛り上げた墳丘を持つ墓を指し、特に東アジアにおいて位の高い者や権力者の墓として盛んに築造された。日本史では一般に、3世紀半ばから7世紀代にかけて日本で築造された墓を指す(弥生時代の墓は「墳丘墓」、奈良時代の墓は「墳墓」と呼び区別される)[1]

後述するように、天皇陵とされている古墳への立ち入りは厳しく制限されており、日本史研究会歴史学研究会等の学術団体の調査要求さえも宮内庁が拒否しているため、大仙陵古墳仁徳天皇陵)など、古代のものについては実際に天皇あるいは皇族の墓であるか検証されていないものもある。


目次

1 古墳の概要

1.1 古墳の発生

1.2 所在地・数

1.3 形・形状

1.4 埋葬施設

1.5 棺


2 薄葬と厚葬

2.1 薄葬令


3 日本の古墳の体積と築造に要した労働力

3.1 必要労働力の推定

3.2 設計値としての古墳の体積


4 学術調査

4.1 未盗掘古墳

4.2 陵墓


5 課題

6 古墳の名前

7 ゴーランドの研究

8 脚注

9 関連項目

10 外部リンク


古墳の概要

松本豊胤は、ため池造成や水田経営を積極的に進めた豪族たちが、自らが開発した地域を見渡せる場所に古墳を造営していった、と説明している。

古墳は、規模や化粧方法の違いによって類別されるほか、その平面形状、さらに埋葬の中心施設である主体部の構造形態によって細かく分類編年されている。

墳丘の築造にあたっては、盛り土部分を堅固にするため砂質土や粘性土を交互につき固める版築工法で築成されるものも多いこと、こうした工法は飛鳥奈良時代に大規模な建物の基礎を固める工法として広く使用されていることが、修繕時の調査などで判明している。

北海道式古墳として末期古墳がある。7?10世紀に東北地方北部や北海道で造られた墳墓で、「蝦夷塚」とも呼ばれる。
古墳の発生

古墳は、規模・形状、およびその他の要素において、弥生時代の墓制にとって変わったものでなく、非常に変化した墓制としてあらわれた。それは、特定少数の埋葬法であり、同時代の集団構成員の墓と大きく隔たっている。さらに、地域的にも不均等に出現する。古墳の発生は、墓制の単なる変化や葬送観念の変化にとどまらず、社会・政治の全般に関わる問題としてあらわれた。

古墳発生の問題は、戦前から議論されていた。その中で、この問題を日本古代国家の形成途上における政治史の課題として位置づけたのは小林行雄であった。具体的には、伝世鏡論[2]と同笵鏡[3]論を展開した。この両論に疑問を表明したのは後藤守一原田大六森浩一、伝世鏡論に疑問や同笵鏡の分有関係の解釈について斎藤忠、系統的・理論的に批判した内藤晃、鏡の賜与だけをもって大和政権と地方首長との政治関係の成立を考察するのは困難とする西嶋定生などがいた。 [4]
所在地・数

日本の古墳所在件数が最も多いのは兵庫県で16,577基にのぼる。以下、千葉県13,112基、鳥取県13,094基、福岡県11,311基、京都府11,310基とつづき、全国合計では161,560基となる(平成13年3月末 文化庁調べ)[5]
形・形状3DCGで描画した前方後円墳の全周画像.
(仲津山古墳 (藤井寺市)、5世紀)

日本の古墳には、基本的な形の円墳方墳をはじめ、八角墳天武・持統天皇陵)・双方中円墳櫛山古墳楯築古墳)・上円下方墳・双方中方墳(明合古墳)・帆立貝形古墳乙女山古墳) などの種類がある。また、前方後円墳前方後方墳・双円墳(金山古墳)・双方墳などのが二つある古墳もある。主要な古墳は、山が二つあるタイプの古墳であることが多い。その他、墳丘を石で構築した積石塚、石室に線刻、絵画などを施した装飾古墳、石室の壁に絵画を細越した壁画古墳(高松塚古墳キトラ古墳)、埋葬施設の一種である横穴などがある。

死者が葬られる埋葬施設には、様々な形状が見られる。

多くの古墳は築かれてから長い時間が経過したため、上に木や植物が生え、あたかも自然丘陵のようになっている事が多いが、建造当時は木の無い状態で人工建造物であることがわかる状態であった。五色塚古墳森将軍塚古墳のように建造当時の状態に復元された例もある。
埋葬施設石室

古墳に用いられる埋葬施設には、竪穴系のものと横穴系のものとがある。

竪穴系のものは、築造された墳丘の上から穴を掘り込み(墓坑 ぼこう)、その底に棺を据え付けて埋め戻したものである。基本的にその構造から追葬はできず、埋葬施設内に人が活動するような空間はない。 竪穴式石槨粘土槨箱式石棺木棺直葬などがある。 このうち、竪穴式石槨は、墓坑の底に棺を設置したあと、周囲に石材を積み上げて壁とし、その上から天井石を載せたものである。古墳時代前期から中期に盛行する。 粘土槨は、墓坑底の木棺を粘土で何重にもくるんだもので、竪穴式石槨の簡略版とされる。古墳時代前期中頃から中期にかけて盛行した。 箱式石棺は、板状の石材で遺骸のまわりを箱状に囲いこむもので縄文時代以来の埋葬法である。 木棺直葬は、墓坑内に顕著な施設をつくらずに木棺を置いただけのもので、弥生時代以来の埋葬法である。


横穴式系のものは、地上面もしくは墳丘築造途上の面に構築され、その上に墳丘が作られる。 横穴式石室横口式石槨などがある。 横穴式石室は、通路である羨道(せんどう)部と埋葬用の空間である玄室(げんしつ)部を持つ。石室を上から見たとき、羨道が玄室の中央につけられているものを両袖式、羨道が玄室の左右のどちらかに寄せて付けられているものを片袖式と呼ぶ。玄室内に安置される棺は、石棺・木棺・乾漆棺など様々である。玄室への埋葬終了後に羨道は閉塞石(積み石)や扉石でふさがれるが、それを空ければ追葬が可能であった。古墳時代後期以降に盛行する。 横口式石槨は、本来石室内に置かれていた石棺が単体で埋葬施設となったもので、古墳時代終末期に多く見られる。

古墳時代には、死者を棺に入れて埋葬した。棺の材料によって、木棺[6]石棺陶棺乾漆棺などがある。

木棺のうち刳りぬき式のものは、巨木を縦に2つに割って、それぞれ内部を刳りぬき、蓋と身とが作られたものと考えられ、「割竹形木棺」と呼び習わされている。しかし、巨木を2つに割るというが、竹を2つに割るように簡単にはいかないので用語として適切かどうかを指摘する向きもある。

つぎに「組合式」といわれる木棺は、蓋、底、左右の側板、計四枚の長方形の板と、前後の方形の小口板、時には別に仕切り板が付くこともあるが、二枚とを組み合わせて作った。
木棺は、土に埋め土を被せていた
薄葬と厚葬

中国には、埋葬に関して薄葬と厚葬という二つの対立する考え方があった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE