古典園芸植物
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年8月)

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2011年10月)
マツモトセンノウの園芸品種。「地錦抄附録」享保18年{1733年}刊よりナンテンの園芸品種。「草木錦葉集」文政12年{1829年}刊よりマツバランの園芸品種。「松葉蘭譜」天保7年{1836年}刊より変化アサガオの一品種。「東京朝顔會会報」大正年間刊より

古典園芸植物(こてんえんげいしょくぶつ)は、江戸時代に日本で育種、改良され、独自の発展を遂げた園芸植物、また明治時代以降でもその美的基準において栽培、育種されている植物の総称である。一部中国に鑑賞の起源を持つものもある。研究者や愛好家によりその範疇は多少異なり、特に草本類及び小灌木を指し、江戸時代から発展した植物でもサクラカエデなどの灌木類は含めないことが多い。ただしここではもっとも広義的な範疇として、前述の定義に基づく解説を行なう。マツモトセンノウやトコナツのように、かつて多くの品種があったが失われてしまったものもあれば、キクハナショウブのように、普通の園芸植物として現在世界的に普及しつつあるものもある。「古典草花」、「古典植物」とも呼ぶ。[要出典]


目次

1 概説

1.1 江戸時代における園芸の地位と発達の要因

1.2 園芸家、愛好者層とその背景

1.3 花合せ(品評会)と番付

1.4 輸出入と海外への影響

1.5 明治以降の動き


2 特徴

3 種類

3.1 主として花を観賞するもの

3.2 主として葉(茎)を観賞するもの

3.3 樹木


4 江戸時代に著わされた主な園芸書、本草書、図譜、番付

5 関連項目


概説
江戸時代における園芸の地位と発達の要因

江戸時代の日本は世界的に見ても園芸が非常に発達した地域であった。1681年天和元年)には日本最古の園芸書「花壇綱目」(水野勝元著)が発行されているが、これは中国やイギリスに並び世界的に見ても早期のものである。 西欧の園芸が造園術に含まれるものとして捉えられることが多いのと異なり、江戸時代の園芸は早くから農業や造園としてではなく、単独に芸道的存在として成立しており、精神修養、芸術娯楽投機など、様々な側面を見せている。また華道とも独立して存在していた。

日本の園芸文化は本来中国のそれの影響を受けている。中国では代にボタンが盛んにもてはやされ、育種も進んだ。またウメモモなども花を愛でることが行なわれた。代にはシャクヤクの育種が進み、また中国春蘭文人思想と共に愛された。このほかキクやハスフヨウなど、中国で観賞植物化したものは多い。これらはその都度日本にももたらされ、貴族武士僧侶などの趣味として定着していた。中国華北から華南にかけての植物は日本の気候にも適応しやすかったと思われる。一方で平安時代にはすでにサクラや秋草への愛好が見られ始め、日本独特の園芸文化が発展して行くことになる。鎌倉時代には盆養が普及し、室町時代には中国蘭が愛好されていたほか、すでにサクラやツツジツバキに多数の品種が生まれつつあった。

江戸時代はことのほか園芸が発達するが、その要因として、もともと江戸幕府の歴代将軍(特に初代から三代)が非常な花好きであり、その影響が大きいとされる。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE