参与
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年11月)

参与(さんよ)とは、事務・職務に参画する意。参預、賛与とも。


目次

1 一般的用法

2 現代日本国政府における用法

3 明治時代の「参与」

4 関連語


一般的用法

組織経営において、経営者を補助する立場にある者に対し冠せられる職称である。

日本の会社においては、取締役役員理事といわれる、いわゆる経営幹部の下位にあって業務管理を行うものについて用いられる。同様の職に「参事」があり、職階として理事(級)?参与(級)?参事(級)とし、いわゆる管理職を構成する例も多い(但し、法定されているものではないので、呼称は区々であり、参与・参事が入れ替わることもある)。
現代日本国政府における用法

有識者を特定の行政事務における相談役として任命し、非常勤の国家公務員の地位を与えたもの。「内閣官房参与」「内閣府政策参与」「防衛大臣政策参与」等。いわゆるブレーンであるが、類似した役割を持つ「特命顧問」より政策決定における比重は高くない。

以下に、内閣府における取り扱いを例示するが、内閣府のみならず各省庁において同様の規程を有している。本府に、参与を置くことができる。

2 参与は、重要な府務(宮内庁、公正取引委員会、法律で国務大臣をもってその長に充てることと定められている機関及び金融庁の所掌に係るものを除く。)のうち特に定める重要な事項に参与する。
3 参与は、非常勤とする。??内閣府本府組織規則、第五十四条

特に内閣官房参与には、知識人や国政上の重要人物を起用する傾向にある。しかし、起用人事の乱発、責任の曖昧さ、国政に与える影響の大きさなど、課題も少なくない。
明治時代の「参与」

明治政府
参与
さんよ
皇室の菊花紋
天皇旗
任命者明治天皇天皇
創設慶応3年12月9日
1868年1月3日
廃止明治元年5月
1868年7月)
テンプレートを表示

参与(さんよ)は、明治時代新政府に設置された官職

1867年12月王政復古の政変によって新設された三職の一つ。下級廷臣ないし藩士によって構成されていた。参議の会議は下議院または下の議事所と呼ばれていた。また同じ参与でも廷臣出身者は上の参与、藩士出身者は下の参与と呼ばれた。下の参与は西南雄藩出身の有力藩士たちであったから維新政府の実質的な指導部はここにあった。

1868年4月21日政体書に基づく太政官の復興で三職は廃止されたが、参与は議政官上局の構成員として翌年5月まで存続した。

公家、廷臣愛宕通旭阿野公誠石山基正岩倉具定岩倉具綱岩倉具視植松雅言正親町公董正親町実徳大原重朝大原重徳烏丸光徳久我通久五条為栄五辻安仲西園寺公望澤宣嘉三条西季知四条隆謌四条隆平白川資訓醍醐忠順高倉永?中院通富堤哲長徳大寺実則中山忠愛西四辻公業、橋本実陳、橋本実麗橋本実梁長谷信篤長谷信成東久世通禧東園基敬平松時厚坊城俊章坊城俊政万里小路博房万里小路通房壬生基修柳原前光吉田良義鷲尾隆聚


非蔵人地下人鴨脚光長、中川元績、松尾相永、松尾相保、松室重進、吉田良栄


薩摩藩井上長秋岩下方平大久保利通五代友厚小松清廉西郷隆盛寺島宗則町田久成吉井友実


長州藩伊藤博文井上馨木戸孝允楫取素彦広沢真臣


福井藩青山小三郎、酒井十之丞(忠温、直道)、中根雪江、毛受鹿之助、由利公正


尾張藩荒川甚作、田中不二麿田宮如雲丹羽賢、林左門(安孫子静逸)


熊本藩長岡護美、木村得太郎、津田信弘、長谷川景隆、溝口孤雲、横井小楠


佐賀藩大木喬任大隈重信副島種臣


土佐藩神山郡廉後藤象二郎福岡孝弟


広島藩久保田秀雄、桜井元憲、辻維岳


宇和島藩井関盛艮林通顕(玖十郎)東征大総督府参謀


岡山藩土倉正彦家老)、土肥典膳(岡山藩番頭


鳥取藩荒尾成章、土肥謙蔵


その他小原鉄心大垣藩家老)、十時摂津(柳川藩)、平田鐵胤国学者平田篤胤養子)、小河一敏岡藩)、秋月種樹幕府若年寄高鍋藩世子)、戸田忠至宇都宮藩重臣、高徳藩初代藩主)、成瀬正肥犬山藩主)、亀井茲監津和野藩主)

関連語

会計参与

大政参与


更新日時:2017年3月19日(日)14:07
取得日時:2018/06/24 15:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:13 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE