厚生省
[Wikipedia|▼Menu]

厚生省(こうせいしょう、Ministry of Health and Welfare)は、かつて存在した日本の行政機関である。医療保健社会保障などを所管していた。

2001年平成13年)1月、労働省(当時)と統合されて厚生労働省に改称した。
目次

1 概要

2 沿革

3 組織

3.1 内部部局

3.2 地方支分部局

3.3 外局


4 歴代大臣

4.1 厚生次官・厚生事務次官

4.2 戦前の厚生次官


5 脚注

6 関連項目

概要

「書経」の「正徳利用、厚生惟和(徳を正しくして用を利し、生を厚くしてこれ和す)」から厚生省と名付けられた。当初、「保健社会省」と命名する予定であったが、枢密院審査委員会において「保健社会省とは名前が長すぎる。以前、農商務省というのはあったが、三字止まりだ。もっと簡明な名前にした方がよい」という意見が南弘顧問官から出され、南顧問官から漢籍に出所を持つ「利用厚生」云々はまさに新省の所掌事務を示している。そこで、この厚生をとって厚生省としようという提案があったことに由来[1]する。
沿革

1938年(昭和13年)1月11日:当時の陸軍大臣
寺内寿一の提唱に端を発し、国民の体力向上、結核等伝染病への罹患防止、傷痍軍人や戦死者の遺族に関する行政機関として、内務省から衛生局及び社会局が分離される形で、厚生省が設置される。当時は人材を主に内務省内で発掘して、厚生省へ出向させるかたちをとっていた。

1947年(昭和22年)9月1日:労働行政部門が労働省として分離する。

1947年(昭和22年)10月15日:復員庁は廃止となり第一復員局(旧陸軍省)は厚生省に吸収される

1948年(昭和23年)1月1日:第二復員局(旧海軍省)も厚生省の所管となる

2001年(平成13年)1月5日:中央省庁再編に伴い、労働省と再統合して厚生労働省となる。

組織
内部部局

大臣官房

統計情報部

障害保健福祉部


医務局……健康政策局に再編
[2]

健康政策局……医政局に再編[2]

保健医療局

国立病院部


生活衛生局……一部が健康局、一部が医薬局に再編[3]

水道環境部


医薬安全局……生活衛生局とともに医薬局に再編[3]

医薬局……後に医薬食品局さらに医薬・生活衛生局に再編[2]

社会・援護局

老人保健福祉局

児童家庭局

保険局

年金局

地方支分部局

地方医務局

地区
麻薬取締官事務所

外局

社会保険庁

歴代大臣

日本
厚生大臣
内閣の紋章

担当官庁厚生省
任命者(内閣総理大臣
初代木戸幸一
創設1938年1月11日
廃止2001年1月6日
テンプレートを表示

厚生大臣(こうせいだいじん)は、日本の廃止された国務大臣で社会保障行政を所管していた。厚生省の
歴代大臣

代氏名内閣就任日政党
厚生大臣(厚生省)
1木戸幸一第1次近衛内閣1938年(昭和13年)1月11日
1938年(昭和13年)5月26日まで文部大臣兼任
2廣瀬久忠平沼内閣1939年(昭和14年)1月5日
3小原直阿部内閣1939年(昭和14年)8月30日
内務大臣兼任
4秋田清阿部内閣1939年(昭和14年)11月29日
5吉田茂米内内閣1940年(昭和15年)1月16日
6安井英二第2次近衛内閣1940年(昭和15年)7月22日
内務大臣兼任
7金光庸夫第2次近衛内閣1940年(昭和15年)9月28日
8小泉親彦第3次近衛内閣1941年(昭和16年)7月18日
9小泉親彦東條内閣1941年(昭和16年)10月18日
10廣瀬久忠小磯内閣1944年(昭和19年)7月22日
11相川勝六小磯内閣1945年(昭和20年)2月10日
12岡田忠彦鈴木(貫)内閣1945年(昭和20年)4月7日
13松村謙三東久邇内閣1945年(昭和20年)8月17日大日本政治会
14 芦田均幣原内閣1945年(昭和20年)10月9日日本自由党
15河合良成第1次吉田内閣1946年(昭和21年)5月22日民間
-吉田茂第1次吉田内閣1947年(昭和22年)5月22日
内閣総理大臣の臨時代理日本自由党
-片山哲片山内閣1947年(昭和22年)5月24日
内閣総理大臣の臨時代理日本社会党
16一松定吉片山内閣1947年(昭和22年)6月1日民主党
17竹田儀一芦田内閣1948年(昭和23年)3月10日民主党
- 吉田茂第2次吉田内閣1948年(昭和23年)10月15日
内閣総理大臣の臨時代理民主自由党
18林譲治第2次吉田内閣1948年(昭和23年)10月19日
副総理兼任民主自由党
19林譲治第3次吉田内閣1949年(昭和24年)2月16日
副総理兼任民主自由党
20黒川武雄第3次吉田内閣1950年(昭和25年)6月28日自由党
21橋本龍伍第3次吉田内閣1951年(昭和26年)7月4日
行政管理庁長官兼任自由党
22吉武恵市第3次吉田内閣1952年(昭和27年)1月18日
労働大臣兼任自由党
23山県勝見第4次吉田内閣1952年(昭和27年)10月30日自由党
24山県勝見第5次吉田内閣1953年(昭和28年)5月21日自由党
25草葉隆圓第5次吉田内閣1954年(昭和29年)1月9日自由党
26鶴見祐輔第1次鳩山内閣1954年(昭和29年)12月10日日本民主党
27川崎秀二第2次鳩山内閣1955年(昭和30年)3月19日日本民主党
28小林英三第3次鳩山内閣1955年(昭和30年)11月22日自由民主党
- 石橋湛山石橋内閣1956年(昭和31年)12月23日
内閣総理大臣の臨時代理自由民主党
29神田博石橋内閣1956年(昭和31年)12月23日自由民主党
30神田博第1次岸内閣1957年(昭和32年)2月25日自由民主党
31堀木鎌三第1次岸内閣1957年(昭和32年)7月10日自由民主党


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:45 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE