南部陽一郎
[Wikipedia|▼Menu]

南部 陽一郎
ベンジャミン・フランクリン・メダル授賞式典
(2005年、フィラデルフィア
生誕 (1921-01-18) 1921年1月18日
日本 東京府東京市
死没 (2015-07-05) 2015年7月5日(94歳没)
日本 大阪府豊中市
居住 日本
アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国
研究分野物理学
研究機関大阪市立大学
プリンストン高等研究所
シカゴ大学
大阪大学
出身校東京帝国大学
主な業績自発的対称性の破れの提唱
カラーチャージ (QCD) の提唱
弦モデルの提唱

主な受賞歴文化勲章1978年
アメリカ国家科学賞1982年
マックス・プランク・メダル1985年
J・J・サクライ賞1994年
ウルフ賞物理学部門(1994年)
ノーベル物理学賞2008年
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:自発的対称性の破れの発見

南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 - 2015年7月5日[1][2])は、日本出身のアメリカ人理論物理学者シカゴ大学名誉教授大阪市立大学名誉教授・特別栄誉教授[3]大阪大学特別栄誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。専門は素粒子理論。理学博士東京大学 1952年)。

日本の福井県福井市出身。自宅が大阪府豊中市にあり、シカゴに在住していた。1970年に日本からアメリカ合衆国へ帰化した[4]
目次

1 概要

2 来歴

2.1 生い立ち

2.2 戦後の研究開始から渡米まで

2.3 渡米とその後の活動


3 研究

4 略歴

5 学術賞歴

6 栄典

7 著作

7.1 一般向け

7.2 教科書

7.3 主な論文

7.4 論文集


8 エピソード

9 参考資料

9.1 南部の経歴・人柄に関するもの


10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク

概要

日系アメリカ人(一世)の理論物理学者で1952年に渡米、1960年代に量子色力学自発的対称性の破れの分野において先駆的な研究を行ったほか、弦理論の創始者の一人[5]としても知られ、現在の素粒子物理学の基礎をなす様々な領域に多大な貢献をなした。とくに自発的対称性の破れの発見により、2008年ノーベル物理学賞を受賞した[6]。シカゴ在住だったが、晩年は大阪府豊中市にもある自宅に身を寄せていた。
来歴
生い立ち

日本の東京府東京市にて福井県出身の父親と福島県出身の母親の間に生まれた。2歳のとき、関東大震災に遭遇し、父の実家のある福井県福井市に転居した。旧制福井中学(現福井県立藤島高等学校)卒業。父の吉郎は立命館中学校の卒業生で、福井県内の高校で英語教師を務めていた。第一高等学校に補欠合格し[7]、同校3年のとき湯川秀樹の評判に刺激されて理論物理学の研究を志し、東京帝国大学に進み1943年に課程を短縮されて2年半で卒業した後、陸軍の召集を受けて宝塚市レーダー研究所に配属された[8]
戦後の研究開始から渡米まで

1945年終戦後に東京帝国大学の理学部物理学教室(物理学科)に嘱託で復帰し、同室の木庭二郎らと共に、朝永振一郎の研究グループに参加し朝永の方法を吸収しつつ、時々訪れ議論を展開した武谷三男からも影響を受けている。コペンハーゲン学派の自由な研究を持ち込んだ仁科芳雄の下に朝永はいた[9]

1950年、朝永振一郎の推薦で早川幸男山口嘉夫西島和彦中野董夫と共に大阪市立大学理工学部に理論物理学のグループを立ち上げた[8]。「大阪市大での3年間は年長の教授がおらず、学生が少ないため講義の負担も少なかったため、自由を満喫できた」と後に語っている[8]。ここではベーテ=サルピーター(=南部)方程式の導出、K中間子の対発生の研究などの成果を上げた。
渡米とその後の活動

1952年に再び朝永の推薦を受け、木下東一郎と共にプリンストン高等研究所に赴任した。プリンストンでは強い相互作用の飽和性やスピン軌道力の研究を計画していたが、難航した[10]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:62 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE