南西諸島
[Wikipedia|▼Menu]

南西諸島MODIS Blue Marble 画像を基に作成
南西諸島日本の地図を表示南西諸島アジアの地図を表示南西諸島世界の地図を表示
地理
場所東シナ海フィリピン海太平洋
座標北緯24度02分 - 31度11分
東経122度56分 - 131度20分[1]
島数198島(面積0.01km2以上)[1]
主要な島沖縄島 (1,206.98km2)[2]
奄美大島 (712.35km2)[2]
面積4,647.55 km2 (1,794.43 sq mi)
国土地理院、2016年10月1日現在)
[3][4][注 1]
長さ1,200 km (750 mi)
(九州南端 - 台湾間の距離)[5]
幅1,000 km (600 mi)
(大東諸島 - 八重山列島間の距離)[6]
最高標高1,936 m (6,352 ft)[7]
最高峰宮之浦岳屋久島
所属国
日本
都道府県鹿児島県沖縄県全域
最大都市那覇市(人口315,954人[8]
人口統計
人口1,558,120人[9][注 1]
国勢調査、2010年10月1日現在)
人口密度335.50 /km2 (868.94 /sq mi)
(面積[10]、人口[9]共に2010年10月1日現在の数値を基に算出)



尖閣諸島トカラ列島四国朝鮮半島台湾東シナ海八重山列島宮古列島太平洋フィリピン海本州九州大隅諸島大東諸島沖縄諸島奄美群島南西諸島(赤枠内)と当諸島を構成する島嶼群。

南西諸島(なんせいしょとう)は、九州南端から台湾北東にかけて位置する島嶼群である[6][11][12][13]

北から南へ、大隅諸島吐?喇列島奄美群島沖縄諸島宮古列島八重山列島と連なり、沖縄諸島の東に離れて大東諸島、八重山列島の北に離れて尖閣諸島がある。


目次

1 名称と範囲

1.1 南西諸島と類似する地名


2 各諸島の地形概要

2.1 大隅諸島

2.2 吐?喇列島

2.3 奄美群島

2.4 沖縄諸島

2.5 宮古列島

2.6 八重山列島

2.7 大東諸島

2.8 尖閣諸島


3 島嶼

4 気候

4.1 気温

4.2 降水量・雲量

4.3 台風

4.4 季節を表す言葉


5 都市

5.1 主要都市


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク


名称と範囲

「南西諸島」という名称は、海上保安庁の前身である水路部が中心となって1887年(明治20年)頃に命名した地名とされ、翌年発行した海図『石垣泊地 日本・南西諸島・石垣島』[14]にその名称が初めて記載されている[11][15]1894年(明治27年)発行の『日本水路誌』以降の海図から本格的に使用され[11]、また国土地理院の前身の1つである日本陸軍陸地測量部による1937年(昭和12年)発行の陸図にも記載されている[16]。しかし、「南西諸島」の名称は水路部など限定された組織で使用されたためか、太平洋戦争が開始されるまで、一般には知れ渡ることは無かった[11]米軍統治下の沖縄でも、公文書のごく一部に「南西諸島」が記載されているだけで、後に日本復帰した沖縄県でも使用例はほとんど無い[11]1965年10月25日の第4回「地名等の統一に関する連絡協議会」において「南西諸島」の使用合意がなされ[17][18]、それ以降の国土地理院の陸図と海上保安庁海洋情報部刊行の海図では、正式名称として使用されている[12]。しかし、「南西諸島」は公共機関が決定した行政名称であって、地理学地球科学で用いられる専門用語ではない[6][11]

以下の表に南西諸島の範囲とその名称を列挙した。ピンクは鹿児島県、薄青紫は沖縄県に属する諸島を表している。斜体字 の地名は「地名等の統一に関する連絡協議会」において未合意で、国土地理院で使用している名称を挙げた。

南西諸島を構成する島嶼群の名称とその範囲[19]南西諸島薩南諸島大隅諸島鹿児島県
吐?喇列島
奄美群島
琉球諸島沖縄諸島沖縄島久米島硫黄鳥島など)沖縄県


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:180 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE