南硫黄島原生自然環境保全地域
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
南硫黄島空中写真国土交通省国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

南硫黄島原生自然環境保全地域(みなみいおうとうげんせいしぜんかんきょうほぜんちいき)は、自然環境保全法に基づき1975年昭和50年)5月17日に指定された日本原生自然環境保全地域[1]南硫黄島東京都小笠原村)全域が指定されており、これまで人間の影響が希薄であったことにより原生の自然が良く保たれている[1]。原生自然環境保全地域の中では唯一全域が立入制限地区とされている[2]


目次

1 南硫黄島の位置

2 南硫黄島の地形と形成史

3 雲霧帯の形成

4 南硫黄島と人間との関わり

4.1 調査研究の経過


5 植生の特徴

5.1 絶滅危惧種、準絶滅危惧種について

5.2 外来種の侵入


6 哺乳類

6.1 南硫黄島のオガサワラオオコウモリ

6.2 ネズミ類の不在


7 鳥類

8 爬虫類・両生類

9 昆虫類などの特徴

10 南硫黄島の陸産貝類

11 南硫黄島の生態系の特徴

12 脚注

12.1 注釈

12.2 出典


13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク


南硫黄島の位置

南硫黄島は東京から南南東約 1300 km の、北緯24度13.7分、東経141度27.7分に位置している。緯度的には台湾の中部にあたり、北回帰線のすぐ北側にある。南硫黄島の北約 60 km には、同じ火山列島に属する硫黄島があり、小笠原諸島父島からは 330 km 離れている。また、南東約 540 km 先にはマリアナ諸島の北端にあるファラリョン・デ・パハロス島(ウラカス島)がある[3]
南硫黄島の地形と形成史

南硫黄島は、ほぼ南北方向に延びる、全長約 1200 km 、幅約 400 km の島弧である伊豆小笠原弧の最南部に位置している。伊豆諸島や火山列島を構成する島々は、伊豆小笠原弧の火山フロントである七島-硫黄島海嶺に属し、258万8000年前以降の第四紀に活動している火山であるが、南硫黄島もやはり第四紀に火山活動によって形成された火山島である。南硫黄島がいつ頃島として誕生したのかについてははっきりしていないが、採集された岩石の分析から地磁気の逆転が見られないため、数十万年より新しいと考えられている[4]

日本列島のように、かつて大陸と地続きであったが切り離された島を大陸島と呼ぶ。一方海洋底から火山活動によって誕生し、これまで大陸と一度も地続きとなったことがない島を海洋島ないし大洋島と呼ぶ。伊豆小笠原弧の火山フロントである七島-硫黄島海嶺に属する南硫黄島は、典型的な大洋島である[5]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:83 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE