南沙諸島
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

南沙諸島(スプラトリー諸島)
地理
場所南シナ海
座標北緯8度38分 東経111度55分? / ?北緯8.633度 東経111.917度? / 8.633; 111.917座標: 北緯8度38分 東経111度55分? / ?北緯8.633度 東経111.917度? / 8.633; 111.917 (南威島)
最高峰サウスウエスト島[要出典]
行政
フィリピン
パラワン州
ベトナム
カインホア省
中華民国
直轄市高雄市
中華人民共和国
海南省
マレーシア
サバ州
ブルネイ
人口統計
人口原住民なし

南沙諸島
中国語
繁体字南沙群島
簡体字南沙群?

発音記号
標準中国語
漢語?音Nansh? Qund?o
粤語
粤?nam4 saa1 kwun4 dou2

ベトナム語
クオック・グーQu?n ??o Tr??ng Sa
チュノム群島長沙
マレー語
マレー語Kepulauan Spratly,
Gugusan Semarang Peninjau
フィリピン語
タガログ語Kapuluan ng Kalayaan

南沙諸島(なんさしょとう)または新南群島(しんなんぐんとう)、スプラトリー諸島 (英:Spratly Islands) 、南沙群島(中:南沙群?; ピンイン: Nansh? Qundao)、カラヤーン群島(タガログ語: Kapuluan ng Kalayaan)、チュオンサ諸島(チュノム:群島長沙; クオック・グー: Qu?n ??o Tr??ng Sa) は、南シナ海南部に位置する諸島。岩礁砂州を含む無数の海岸地形からなり、これらの多くは環礁の一部を形成している。

日本語での正式な名称は「新南群島」だが、日本政府はサンフランシスコ平和条約に伴って領有を放棄したため、中国語から南沙諸島と呼ばれることが多い。日本を除く6つの国と地域が領有を主張している。


目次

1 概要

2 領有権をめぐる歴史

2.1 ベトナムを植民地支配していたフランスによる領有

2.2 日本による領有

2.3 中華民国による領有権主張

2.4 フィリピンによる領有権主張

2.5 南ベトナムによる領有権主張

2.6 中華人民共和国による領有権主張

2.7 中華人民共和国とベトナムとの軍事衝突

2.7.1 西沙諸島の戦い (1974年)

2.7.2 スプラトリー諸島海戦 (1988年)


2.8 ブルネイによる領有権主張

2.9 近年

2.10 2015年

2.11 2016年


3 実効支配の状況

3.1 島

3.2 岩

3.3 低潮高地


4 地理的状況

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


概要

本来、構成される海岸地形のうち最大のものでも陸上面積が約0.5 km2しかない。しかし広大な排他的経済水域 (EEZ) や大陸棚の漁業資源や石油・天然ガス資源を当て込み、また安全保障上の要地として利用する目的で、中華人民共和国台湾中華民国)、ベトナムフィリピンマレーシアブルネイが海岸地形全部または一部の主権領有)を主張している[1][2]


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:118 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE