十和田湖
[Wikipedia|▼Menu]

十和田湖


北岸の御鼻部展望台から 十和田湖の位置
所在地 日本
青森県十和田市
秋田県鹿角郡小坂町
位置北緯40度27分53秒 東経140度52分38秒 / 北緯40.46472度 東経140.87722度 / 40.46472; 140.87722座標: 北緯40度27分53秒 東経140度52分38秒 / 北緯40.46472度 東経140.87722度 / 40.46472; 140.87722
面積61.11[1] km2
周囲長46.0 km
最大水深326.8 m
平均水深71.0 m
貯水量4.19 km3
水面の標高400 m
成因カルデラ湖
淡水・汽水淡水
湖沼型貧栄養湖
透明度9.0 m
プロジェクト 地形
テンプレートを表示

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市秋田県鹿角郡小坂町にまたがる。日本の湖沼としては、最大水深は326.8mで第3位[2]、面積では12番目[3]。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が延びる。約20km北には八甲田山が位置する。

観光地となっており、冬季を除き遊覧船が就航している[4]。このため内水ながら、国の地方港湾に指定されている港が2つある。奥入瀬渓流入り口の子ノ口(ねのくち)港と、十和田湖南岸の中山半島西側付け根にある休屋(やすみや)港である。

十和田湖は「十和田湖および奥入瀬渓流」として、文化財特別名勝及び天然記念物に指定されている。1936年には周辺の奥入瀬渓流、八甲田火山群とともに十和田八幡平国立公園に指定されている。
目次

1 地理

2 湖と環境

2.1 水質

2.2 生物

2.2.1 生息魚介類

2.2.2 ヒメマス養殖



3 「十和田火山」の噴火史

3.1 有史以降

3.2 常時観測火山


4 観光と歴史

5 交通手段

6 その他

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

地理

十和田湖を擁する山地は、その北に位置する八甲田山と同じく、カルデラを有する火山群である。十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖で、現在も活火山に指定されている。最大深度326.8mは日本で3番目の深さである。湖を真上から見ると胡桃を半分に割った断面図のような形をしており、南岸には西寄りに中山半島、東寄りに御倉(おぐら)半島が突き出している。中山半島の西側付け根近くには恵比寿大黒島という小島がある[5]

東岸からは唯一の流出河川である奥入瀬川が太平洋に向けて流れ出ている。十和田湖への流入河川は銀山川、大川岱(おおかわたい)川、鉛山川、宇樽部(うたるべ)川、神田川などがある[6]

御倉山(溶岩ドーム)のある御倉半島と中山半島の間にある中湖(なかのうみ)とよばれる水域が最深部であり、御倉山の東側の東湖(ひがしのうみ)や中山半島の西側の西湖(にしのうみ)と呼ばれている水域の水深は50 - 100mほどである。

ウィキソースに県の境界にわたる市町の境界の確定の総務省告示の原文があります。
衛星写真

なお、江戸時代よりの境界が不明確で、明治維新後も十和田湖面上の青森県と秋田県との境界は長らく決まっていなかった。2008年8月29日に青森市で開かれた北海道・北東北知事サミットにおいて、青森・秋田両県と沿岸の関係市町が、湖面の境界線を青森県6:秋田県4という割合で県境を画定することで最終合意した。同年11月14日に確定し、12月25日官報告示された。これにより、1871年廃藩置県以来、137年目にして県境が決定した。

具体的には、湖の北側にある御鼻部山の頂上から、西側の尾根に当たる桃ノ沢河口と87林班東端の中間点を直線で結び、南側は神田川河口を県境とする。これにより61.02km2の十和田湖は、青森県十和田市に36.61km2、秋田県小坂町に24.41km2が割り振られ、その分の地方交付税交付金(年間総額約6700万円)も増額分配される。なお増額分の交付金は、十和田湖の環境対策や観光振興に使われる。
湖と環境
水質

かつて十和田湖西岸には17世紀中頃に発見された鉛山鉱山と十輪田鉱山があり、亜鉛を産出していた。この廃鉱山からの流入水は現在も湖水の亜鉛含有量に影響を与えていると考えられる[7]
生物

十和田湖周辺は冷温帯林(ブナ林)や亜寒帯林(ダケカンバ林)が広がり、クマタカイヌワシツキノワグマといった野生動物や森林性の野鳥(シジュウカラゴジュウカラアカゲラコゲラなど)が生息する。水鳥ホシハジロキンクロハジロホオジロガモカイツブリなど)も飛来する[8]

これら鳥獣の生息が重要であることから、国指定十和田鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積37,674ha、うち特別保護地区19,366ha)。
生息魚介類

火山火口にできたカルデラ湖であるため、人間が魚の放流を開始する以前に生息していた魚介類サワガニのみと考えられている。従って、現在生息している魚類の全てが人為放流された物である[9]。記録に残る最初の放流は、1855年イワナとされている[9]。1960年代に行われた調査では、下記が確認されている。

魚類:ヒメマスニジマス、イワナ、サクラマスコイフナウナギカジカヨシノボリ

サクラマスは奥入瀬川の銚子大滝に作られた魚道を通って天然魚が遡上して定着したが、「ヒメマスが捕食され繁殖を阻害する」との理由で魚道は破壊された。現在生息しているサクラマスは、その時に湖中に残された個体の子孫と考えられる[10]

ニジマスは、1900年と1919年に日光の中禅寺湖から移入された[9]

ワカサギウグイアユは定着に失敗した。



甲殻類:スジエビ、サワガニ


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:67 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE