医師
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

Physician
Luke Fildes (1843?1927)が描いた医師 [1]
基本情報
名称Physician, medical practitioner, medical doctor or simply doctor
職種Professional
業種医療,保健
詳細情報
適性能力医療倫理、医療技術、分析的思考
必須試験Bachelor of Medicine, Bachelor of Surgery(MBBS), Doctor of Medicine(MD), Doctor of Osteopathic Medicine(DO)
就業分野診療所,病院
関連職業総合診療医(家庭医), 外科医、歯科医、その他専門医
表示
医師が腸チフスの予防接種を行っているところ。(1944年)アフガニスタンで救急医療を行っている医師(2010年)

医師(いし、: doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者医学に基く傷病予防診療および公衆衛生の普及を責務とする。

米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では medecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。

また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国オーストラリアニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master = 修士」のさらに上にある学位の名称である「doctor = 博士」が、転じて医師の名称としても用いられるようになったのは、「医師制度」の発展してきた歴史的背景および免許取得過程上要求された学位が関係している、とされている。

今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれるが「医師」という名称が確立されて一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。

一般に、適切な診療能力を持たず、治療にならないことをしたり誤診をしたり医療過誤を引き起こしたりする医師は藪医者(quack)と呼ばれている。


目次

1 歴史

2 世界各国の医師制度

2.1 米国

2.2 英国

2.3 ドイツ

2.4 中国

2.5 日本


3 日本の医師

3.1 年齢・性別

3.2 就業場所

3.3 医師とIT

3.4 日本の医師定年制

3.5 医療保険制度と医師

3.6 日本の医師の労働環境

3.7 日本の医師の収入・所得

3.7.1 勤務医

3.7.2 開業医

3.7.3 研修医


3.8 医師の転職

3.9 少子化の影響


4 組織

5 著名な医師

5.1 西洋

5.2 東洋(除 日本)

5.3 日本

5.3.1 古代?近世

5.3.2 医師の保護などをした人物

5.3.3 日本・近現代



6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク


歴史「医学と医療の年表」も参照医師と患者が描かれた古代ギリシアの壺(紀元前480?470年頃のもの)


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE