北隆館
[Wikipedia|▼Menu]

北隆館
正式名称株式会社 北隆館
英文名称Hokuryukan co.,ltd.
現況事業継続中
種類
株式会社
市場情報非上場
出版者記号8326
取次会社日本出版販売,トーハン
取次コード7733
設立日1891年10月1日
代表者代表取締役社長 福田久子
本社郵便番号〒153-0051
本社所在地東京都目黒区上目黒3-17-8
資本金1200万円
定期刊行物アグリバイオ
関係する人物福田金次郎(創業者)
外部リンク ⇒http://www.hokuryukan-ns.co.jp/
テンプレートを表示

北隆館(ほくりゅうかん)は日本出版社1891年(明治24年)創立[1]

『牧野日本植物圖鑑』をはじめとする図鑑などを出版[1]
目次

1 概要

2 沿革

3 商号の使用

4 ニュー・サイエンス社

5 出典

6 関連項目

概要

明治時代の創業、北陸三県に新聞・書籍の卸売業務を行い、大正時代に改組して戦前の四大取次店とまで称された。明治末には『少国民』や『少年倶楽部』といった少年雑誌を創刊。明治時代から昭和初期に『植物図鑑』や『日本動物図鑑』、並びに『日本昆蟲図鑑』などの図鑑を発行しており、これら自然科学書が現在の源流とされる。戦時下で取次が集約された後は出版専業となり、現在は図鑑や辞典などの自然科学]]書や介護などの福祉関係・医学関連などを主とした出版を行っている。平成12年にはデジタル化に伴い『CD-ROM版原色牧野植物大図鑑』を刊行している。
沿革

1891年明治24年)10月、福田金次郎により創立[1]。北陸を中心に新聞・雑誌・書籍の卸売業務を行う。

1897年(明治30年)、少年雑誌「少国民」を創刊。

1908年(明治41年)10月、東京博物学研究会編纂、牧野富太郎校訂の『植物図鑑』を参文社と共に発行[2]

1919年(大正8年)10月、株式会社へ改組。

1932年(昭和7年)、『日本昆蟲図鑑』を発行。

1941年(昭和16年)6月、戦時下統制で配本の供給安定のために企業整備となり、取次業務を日本出版配給統制株式会社に移譲統合。

1981年(昭和56年)、月刊医学誌「アレルギーの臨床」(The Allergy in Practice)を発行。

1986年(昭和61年)、ヒューマンサイエンス財団の研究誌として、バイオテクノロジーの応用をテーマとした月刊医学誌「BIO Clinica」を創刊。

商号の使用

株式会社北隆館は、類似する商号を用いる「株式会社図鑑の北隆館」に対して、商号の使用禁止及び商号変更請求を求める裁判を行い、1976年12月、東京地裁は、北隆館の商号使用差止請求を認めた(東京地裁 昭和51年12月24日、判タ353号・255頁)[3]
ニュー・サイエンス社

ニュー・サイエンス社は北隆館の姉妹会社[1]1965年(昭和40年)設立[1]
出典^ a b c d e “ ⇒会社沿革”. 北隆館/ニュー・サイエンス社. 2015年9月22日閲覧。
^ 『植物図鑑』は約1300頁以上程の頁数で、巻頭に模式花図5頁・名称図解5頁、植物品目(2300種)1216頁、植物網目9頁、学名検索88頁、分科索引36頁、五十音検索36頁となっており、図鑑としてはかなりの分量であった。また、2300種に及ぶ植物については、絵図・和名・学名・生育地や特徴などが表記されていた。
^ 岡島吉昭、1979-3-20、「昭和53年 昭司判例回顧 (PDF) 」 、『信州大学経済学論集 13:77-96(1979)』、信州大学機関リポジトリ(信州大学) p. 78、[1]

関連項目

日本出版配給

日本の出版社一覧

牧野富太郎

この項目は、出版に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますPJ出版)。
項目が文学作品の場合には{{Lit-stub}}を、文学作品以外の書籍・雑誌の場合には{{Book-stub}}を、漫画の場合には{{Manga-stub}}を貼り付けてください。


更新日時:2018年10月31日(水)04:33
取得日時:2019/01/20 05:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:8046 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE