北関東
[Wikipedia|▼Menu]
日本 > 関東地方 > 北関東

北関東のデータ
北関東3県の合計
日本
面積18,867.56km2
推計人口6,790,660
(2018年4月1日)
人口密度359.9人/km2
(2018年4月1日)
位置

北関東4県の合計
面積22,665.31km2
推計人口14,101,538人
(2018年4月1日)
人口密度622.2人/km2
(2018年4月1日)
位置

北関東(きたかんとう)は、関東地方の北部を指す名称である。同じく関東地方の南部を指す呼称として南関東がある。
目次

1 概要

2 各種用語使用範囲

3 範囲の分類

3.1 県別の分類

3.2 地域圏的分類

3.3 歴史的分類


4 歴史

5 地域

5.1 都県間流動

5.2 地域別特徴

5.2.1 茨城県

5.2.1.1 北部

5.2.1.2 鹿行地域

5.2.1.3 県南地域

5.2.1.4 県西地域


5.2.2 栃木県

5.2.2.1 宇都宮都市圏とその周辺

5.2.2.2 那須・大田原周辺

5.2.2.3 両毛地区


5.2.3 群馬県

5.2.3.1 前橋・高崎都市圏および群馬県中北部


5.2.4 埼玉県

5.2.4.1 秩父・寄居・熊谷周辺




6 自然地理

6.1 気候

6.2 地形


7 経済

7.1 第一次産業

7.1.1 農業

7.1.2 畜産業


7.2 第二次産業

7.2.1 鉱業

7.2.2 工業


7.3 第三次産業

7.3.1 商業


7.4 家電量販店


8 交通

8.1 交通史

8.2 現在の交通網

8.3 代表的な鉄道路線

8.4 代表的な道路

8.5 主要な港湾

8.6 空港


9 補足

10 脚注

11 関連項目

概要[ソースを編集]

関東地方の北部、茨城県栃木県群馬県の3県を指した地域の呼称である。埼玉県を加えた4県を指すこともあり、その場合、埼玉県の中でも北部・秩父地域を北関東とし、南部は含まないこともある(埼玉県が北関東に含まれない場合は、一般に南関東に含まれる)。
各種用語使用範囲[ソースを編集]

「北関東」が含まれる主な用語は以下のとおり。

北関東工業地域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県に広がる工業地域

北関東自動車道:茨城県、栃木県、群馬県を横断する自動車専用道路

北関東選挙区:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の衆議院比例代表選出議員選挙区

北関東防衛局:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、新潟県、長野県の防衛管理業務を管轄する防衛省の組織

北関東公営競馬:栃木県、群馬県にある競馬場(現在は全廃)[1]

範囲の分類[ソースを編集]
県別の分類[ソースを編集]
北関東三県(茨城県+栃木県+群馬県)
茨城県・栃木県・群馬県の3県。人口は、3県合計で約698.5万人。
北関東四県(茨城県+栃木県+群馬県+埼玉県)
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県の4県。人口は4県合計で約1,415万人。国政選挙の選挙区では、首都圏一都七県を東京ブロック(東京都)、南関東ブロック(千葉県+神奈川県+山梨県)、および、北関東ブロック(上記4県)としている。また、カトリック教会さいたま教区や日本聖公会の北関東教区の範囲はこの4県である。
地域圏的分類[ソースを編集]
北関東(東京大都市圏の北側にある地域圏)
経済的に一体な東京圏(→都市雇用圏)は、埼玉県南東部や茨城県南西部にまで及ぶ。そのため、それらを北関東四県から除いた範囲が「東京大都市圏の北側にある地域」として「北関東」と表現される。東京圏の南側には、神奈川県の小田原周辺(小田原都市圏)、千葉県の南房総などの東京大都市圏に含まれない地域があり、「東京大都市圏の北側にある地域」=「北関東」に相当する地域となっているが、これらを以って一括りに「南関東」ということはない。そのため、この場合の「北関東」の対義語は存在しない。

群馬県 約200万人

栃木県 約200万人

茨城県の南西部以外 約200万人

埼玉県の各広域市町村圏 約90万人

北関東四県の内、東京圏に含まれる地域 約700万人


茨城県南西部(県南地域) 約100万人

埼玉県の各大都市周辺広域行政圏 約620万人

歴史的分類[ソースを編集]
毛野川(鬼怒川)流域
有史以来江戸時代以前の北関東。律令制が敷かれる以前、毛野川流域には毛野国が成立し、その勢力はヤマト王権吉備国筑紫国に伍するものだったと言われる。下毛野古麻呂は、藤原不比等らとともに大宝律令の編纂にあたった。律令制が敷かれた奈良時代以降、常陸国は東海道に属し、桓武平氏大掾氏平将門が支配した時代があったが、鎌倉時代以降は他の北関東諸地域と同様に藤原北家小田氏清和源氏佐竹氏の治世となったことから同一地域とみなすのが一般的である。歴史的に藤原北家流諸氏(宇都宮氏、小田氏、小山氏結城氏佐野氏川野辺氏比企氏那須氏等)や清和源氏流諸氏(足利氏新田氏佐竹氏武田氏高氏等)が支配した地域が北関東であり、桓武平氏流諸氏(鎌倉氏三浦氏千葉氏北条氏秩父氏長尾氏等)が支配した地域は南関東である。下毛野古麻呂が建立した下野薬師寺は、大和国東大寺筑後国筑紫国筑前国と筑後国に分割)の観世音寺とともに三戒壇に指定され、当時下野国がこの地域の文化の中心地であったことを客観的に示している。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:119 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE