化学反応
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年7月)

化学反応(かがくはんのう、英語: chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化(chemical change)と同義である。


目次

1 概要

2 例

3 表記

4 種類

5 化学反応論

6 化学反応に影響する因子

7 比喩

8 関連項目


概要

一般に化学の領域、分野で扱われる。化学反応は、一個の分子内で起こる場合(intramolecular reaction)もあれば、同種あるいは異種の分子間で起こる場合(intermolecular reaction)もある。

反応する物質を反応物(reactant)あるいは基質(substrate)、反応によって生ずる物質を生成物(product)と呼ぶ。

化学反応に伴う反応熱は、核反応に伴う反応熱よりも一般には低い。だが三態間の状態変化のような物理変化に伴う熱よりは高い。 外部からの刺激(電気など)によって、化学変化は起きる。

古代以前に人類が認識していた様々な変化の中で、化学変化であるものには次の例がある。これらは日常世界で人が認識できる化学変化の実例でもある。古代以前から、これらの変化では物の材質が変化すると認識されていたと考えられる。

燃焼

? 金属の酸化

金属の精錬 ? 鉱石(酸化物、硫化物など)から金属への変化

陶磁器焼き

石鹸の製造

加熱による調理 ? タンパク質の変成などは化学変化。溶解などは物理変化。

腐敗

発酵

呼吸

消化

なお、呼吸、消化、その他の生命現象の大部分は化学変化に他ならないが、フリードリヒ・ヴェーラーにより初めて無機化合物から有機化合物が合成されるまでは、生命に関する化学変化には生命力が関与しているとして、無機的な化学変化とは区別する考えもあった。また腐敗発酵生物が関与していることは、ルイ・パスツールの研究により初めて明確に認識された。
表記「化学反応式」も参照

化学反応は化学反応式で表される。

左辺に反応物 (reactant)、右辺に生成物 (product) を示し、右向き矢印で式とする。Reactant(s) ⟶ {\displaystyle \longrightarrow } Product(s)

可逆反応を強調したい場合は両向き矢印を使用する。Reactant(s) ⟵ → {\displaystyle {\overrightarrow {\longleftarrow }}} Product(s)
種類

化学反応は電子の移動にともなって結合の切断と生成が行われる。化学結合と電子の移動方法に着目して化学反応を分類すると、イオン反応 (ionic reaction)、ラジカル反応 (free-radical reaction)、ペリ環状反応 (pericyclic reaction) に大別される。ある化学種がもうひとつの化学種と結合をつくる反応について考えると、イオン反応は、一方の化学種から電子対が供与されて新しい結合性軌道が生成する化学反応で、電子求引性や電子供与性など原子間の電荷の偏りにより反応の方向が支配される。ラジカル反応は、双方の化学種から1電子ずつ電子が供与されて新しい結合性軌道が生成する化学反応である。ペリ環状反応は、化学種のπ軌道からσ軌道へ、環状の遷移状態を経て転化することで2ヶ所以上に新たな結合が生成する化学反応である。切断は結合の逆反応にあたる。

反応機構や、反応物と生成物の構成の違いで化学反応を考える場合、置換反応付加反応脱離反応転位反応などに分類される。

加水分解脱水反応付加重合縮合重合(縮重合)、酸化反応還元反応中和反応は化学反応の用途を意識した分類で、上記 4 反応機構の一つあるいは複数から構成される。

ほかにも光反応重合反応など、反応の特性に応じた分類も存在する。
化学反応論

化学反応を説明付ける理論は、化学反応事例が集積から導出される経験則とそれを物理学的に説明づける物理化学理論が構築されることにより進展して行く。それ故、物理学の展開と歩調を合わせて化学反応論も段階を経て発展して行った。

18世紀から19世紀元素アントワーヌ・ラヴォアジエジョン・ドルトンらに発見されるのと同時に、化学反応する反応物と生成物との重量比に関して法則性が見出されている。これら化学反応に関与する成分の量的関係に関する理論は、化学量論として体系付けられている。化学量論は一般には経験則である定比例の法則倍数比例の法則として知られている。

19世紀後半に定量分析法が確立し20世紀にかけて発展することで化学物質の変化量が測定できるようになると、化学平衡や反応の進行する速度について、反応速度式として定式化され物質量モル濃度そして温度が化学反応の成分量やその変化量に強く影響を及ぼすことが明らかとなった。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:16 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE