化学兵器
[Wikipedia|▼Menu]

 
大量破壊兵器

種類
生物兵器
化学兵器
核兵器
放射能兵器
国別

アメリカアルジェリア
アルゼンチンイギリス
イスラエルイタリア
イラクイラン
インドオーストラリア
オランダカナダ
スウェーデンドイツ
パキスタンフランス
ブラジルポーランド
台湾中国
北朝鮮日本
南アフリカロシア
ミャンマーリビア

関連
核兵器の歴史
広島長崎
核実験










化学兵器(かがくへいき)とは、毒ガスなどの毒性化学物質により、人や動植物に対して被害を与えるため使われる兵器のこと。化学兵器禁止条約では、毒性化学物質の前駆物質や、それを放出する弾薬・装置も含むものとしている。リシン細菌毒素などの生物由来の毒性物質を用いる場合は、化学兵器ではなく生物兵器に分類されることが多い。
目次

1 概要

2 兵器としての特性

3 分類

3.1 致死性と非致死性

3.2 即効性と遅効性


4 使用の歴史

4.1 前史

4.2 第一次世界大戦

4.3 戦間期

4.4 第二次世界大戦

4.5 冷戦期

4.6 現在


5 防護手段

6 法的規制

6.1 法的規制の経緯

6.2 合法的な使用


7 化学兵器の廃棄処理

8 化学兵器を素材とした小説

9 注釈

10 出典

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク

概要

化学兵器はNBC兵器の“C”(Chemical)に当たり、核兵器(N)や生物兵器(B)と並ぶ大量破壊兵器の一つである。毒ガスとして知られる兵器が主流で、マスタードガス(イペリット)やサリンVXガスなどが著名である。常温・常圧下でも気体である毒ガス兵器ばかりでなく、固体液体(粘度の高いものを含む)のものもある。後者は、高い揮発性で気体となって拡散するタイプばかりではなく、液体が噴霧された霧状の状態で効果を発揮するものも含む。

化学兵器と呼ばれる範囲は時代や条約によって若干異なる。警察の催涙ガスとして現用されるクロロアセトフェノン(CNガス)のように死亡リスクや後遺症の恐れは少ないものも、軍事用に使われれば化学兵器に含めることがある(いわゆる非致死性兵器)。化学兵器禁止条約では、2条に化学兵器の定義を置き、このほか特に検証措置の対象とする種類については附属書の表に記載している。日本政府の同条約解釈では、致死率の低いジフェニルシアノアルシンないしジフェニルクロロアルシン(両者の旧日本陸軍呼称「あか剤」)及びCNガス(同じく「みどり剤」)を化学兵器としている[1]

近代的な化学兵器は第一次世界大戦で登場し、大量に使用された。しかしその後は、禁止条約が発効したことに加え、後述する特性から運用が難しいこと、さらには国際世論による批判が強いために、実戦使用例は限られている。 アメリカ陸軍MGR-1ロケット弾の化学クラスター弾頭。子弾にサリンを充填する。

初期の化学兵器は呼吸器皮膚など人体組織を蝕む化学反応を起こす有害な物質が利用された。1930年代後半にはサリンなどに代表される神経性の毒物(神経ガス)が開発された。神経性の毒物は、神経系の信号伝達を不可能にして破壊することから、少量でも致命傷となる。生存しても予後が悪く、運動機能や感覚機能に後遺症が残りやすいとされる。また人体の代謝機能を破壊し、徐々に人体を蝕む薬品もあり、即効性はないものの致死性のこれらの兵器では、予後は極めて悪い。致死率は低くとも重篤な後遺症の危険性がある兵器用薬剤もある。

冒頭で述べたように、毒ガスとは称しても常温・常圧では液体や固体のものが多い。気体や霧状、微粉末にして散布したり、砲弾爆弾に詰めて爆発の衝撃で飛散させたりすることによって、兵器としての効果を発揮する。ミサイルロケット弾弾頭、さらには地雷手榴弾に充填して使用されることもある。第一次世界大戦では常温で塩素などをボンベで戦場に持ち込み、敵軍に向けて放出する方法も使われた。

近代的な大量破壊兵器としての生物・化学兵器とは別に、動植物由来の毒を塗った毒矢は狩猟だけでなく戦争にも古来使われてきた。過去には刃物に毒物を塗るといった研究もされているが、近代戦での実用例はない(弾に毒を仕込んだ特殊銃はゲオルギー・マルコフ暗殺に使われた)。
兵器としての特性

兵器としては以下のような「長所」を持つ。

防護装備の不十分な目標に対しては、一度に多数の死傷者を生じさせられる。(大量破壊兵器)

核兵器に比べると、開発や生産が技術的に容易である。

心理的効果が高く、敵兵に恐怖心を与える。

火薬使用量が少なく、通常弾薬の生産と競合しにくい。

種類によっては殺傷効果に持続性があり、敵の進撃経路を継続的に限定できる。

他方で、次のように兵器としては運用が限定される「短所」もある。

散布状況が天候や風向きに左右されて効果が予想しにくく、味方や非戦闘員(
民間人)に被害を与えかねない。

現在では戦線の歩兵はガスマスクを携行し、車両は対NBC兵器装備を備えているのが普通なので効果が薄い。

大量生産するにはある程度の化学工業水準を要する。特に第一次世界大戦頃では、量産能力のある国は限られた。

被害者の障害が残る。

環境被害がある。特に持続性がある種類のもの。

化学兵器など大量破壊兵器による報復だけでなく、第三国による軍事介入や国際世論の非難を招く恐れが高い(例:米軍によるシリアシャイラト空軍基地攻撃)。

現代の正規戦用兵器としてみると、法的問題からの制約のみでなく、技術的にも運用が難しい面がある。化学防護服や装甲車両を備えた軍隊、気密性が高い基地施設といった防護の充実した目標には、行動・活動を阻害することはできるものの、効果は限定的と言える。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:70 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE