化学兵器
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

 
大量破壊兵器

種類
生物兵器
化学兵器
核兵器
放射能兵器
国別

アメリカアルジェリア
アルゼンチンイギリス
イスラエルイタリア
イラクイラン
インドオーストラリア
オランダカナダ
スウェーデンドイツ
パキスタンフランス
ブラジルポーランド
台湾中国
北朝鮮日本
南アフリカロシア
ミャンマーリビア

関連
核兵器の歴史
広島長崎
核実験










化学兵器(かがくへいき)とは、毒ガスなどの毒性化学物質により、人や動植物に対して被害を与えるため使われる兵器のこと。化学兵器禁止条約では、毒性化学物質の前駆物質や、それを放出する弾薬・装置も含むものとしている。リシン細菌毒素などの生物由来の毒性物質を用いる場合は、化学兵器ではなく生物兵器に分類されることが多い。


目次

1 概要

2 兵器としての特性

3 分類

3.1 致死性と非致死性

3.2 即効性と遅効性


4 使用の歴史

4.1 前史

4.2 第一次世界大戦

4.3 戦間期

4.4 第二次世界大戦

4.5 冷戦期

4.6 現在


5 防護手段

6 法的規制

6.1 法的規制の経緯

6.2 合法的な使用


7 化学兵器の廃棄処理

8 化学兵器を素材とした小説

9 注釈

10 出典

11 参考資料

12 関連項目

13 外部リンク


概要

化学兵器はNBC兵器の“C”(Chemical)に当たり、核兵器(N)や生物兵器(B)と並ぶ大量破壊兵器の一つである。毒ガスとして知られる兵器が主流で、マスタードガス(イペリット)やサリンVXガスなどが著名である。常温・常圧下でも気体である毒ガス兵器ばかりでなく、固体液体(粘度の高いものを含む)のものもある。後者は、高い揮発性で気体となって拡散するタイプばかりではなく、液体が噴霧された霧状の状態で効果を発揮するものも含む。

化学兵器と呼ばれる範囲は時代や条約によって若干異なる。警察の催涙ガスとして現用されるクロロアセトフェノン(CNガス)のように死亡リスクや後遺症の恐れは少ないものも、軍事用に使われれば化学兵器に含めることがある(いわゆる非致死性兵器)。化学兵器禁止条約では、2条に化学兵器の定義を置き、このほか特に検証措置の対象とする種類については附属書の表に記載している。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:72 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE