勝海舟
[Wikipedia|▼Menu]

 凡例勝 海舟 / 勝 安芳

時代江戸時代後期 - 明治時代
生誕文政6年1月30日1823年3月12日
死没明治32年(1899年1月19日
改名麟太郎(通称・幼名)、義邦、安芳
別名海舟(号)
戒名大観院殿海舟日安大居士
墓所洗足池公園
官位従五位下安房守外務大丞、兵部大丞、
海軍大輔、従四位参議海軍卿正四位元老院議官伯爵従三位枢密顧問官
正三位従二位正二位
幕府江戸幕府
異国応接掛附蘭書翻訳御用、
海軍伝習重立取扱、講武所砲術師範役、
天守番頭過人、蕃書調所頭取助、
天守番頭格、
二の丸留守居格軍艦操練所頭取、
軍艦奉行並、海軍伝習掛、海軍奉行並、
陸軍総裁、軍事取扱
主君徳川家慶家定家茂慶喜
氏族勝氏
父母父:勝小吉、母:勝信子
兄弟海舟、順子(佐久間象山室)
妻正妻:民子
妾:梶玖磨、増田糸、小西かね、清水とよ、森田米子
子内田夢、疋田孝子、小鹿、目賀田逸子、四郎、梶梅太郎、八重、岡田七郎、妙子

勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし、文政6年1月30日1823年3月12日〉 - 明治32年〈1899年1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士幕臣)、政治家位階勲等爵位正二位勲一等伯爵

山岡鉄舟高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。
目次

1 概要

2 生涯

2.1 生い立ち

2.2 野良犬強襲事件

2.3 修行時代

2.4 長崎海軍伝習所

2.5 渡米

2.6 海軍興隆へ奔走

2.7 政治構想の頓挫と罷免

2.8 長州征討と宮島談判

2.9 駿府城会談と江戸城無血開城

2.10 明治時代

2.11 晩年


3 略年譜

4 栄典・授章・授賞

5 人物

5.1 逸話

5.2 語録


6 記念館や記念碑、銅像

7 評価

7.1 その他の評価


8 系譜

8.1 家族・親族


9 著作等

9.1 著名作(新版)


10 関連書籍

11 勝海舟を主題とした作品

12 脚注

12.1 注釈

12.2 出典


13 参考文献

14 外部リンク

概要

幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん?ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホゥ」とも読めると言っている。海舟はで、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。

父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は勝元良(甚三郎)の娘信。幕末剣客男谷信友(精一郎)は血縁上は又従兄で、信友が海舟の伯父に当たる男谷思孝(彦四郎)の婿養子に入ったことから系図上は従兄に当たる[1]家紋は丸に剣花菱

10代の頃から島田虎之助に入門し剣術を学び直心影流剣術免許皆伝となる。16歳で家督を継ぎ、弘化2年(1845年)から永井青崖に蘭学を学んで赤坂田町に私塾「氷解塾」を開く。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後に軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は参議海軍卿枢密顧問官を歴任し、伯爵に叙せられた。

李鴻章を始めとするの政治家を高く評価し、明治6年(1873年)には不和だった福沢諭吉(福澤諭吉)らの明六社へ参加、興亜会亜細亜協会)を支援。また足尾銅山鉱毒事件田中正造とも交友があり、哲学館(現:東洋大学)や専修学校(現:専修大学)の繁栄にも尽力し、専修学校に「律は甲乙の科を増し、以て澆俗を正す。礼は升降の制を崇め、以て頽風を極(と)む」という有名な言葉を贈って激励・鼓舞した。
生涯
生い立ち

文政6年(1823年)、江戸本所亀沢町[注釈 1]の生まれ。父・小吉の実家である男谷家で誕生した[注釈 2]

曽祖父・銀一は、越後国三島郡長鳥村[注釈 3]の貧農の家に生まれた盲人であったが、江戸へ出て高利貸し(盲人に許されていた)で成功し巨万の富を得て、朝廷より盲官の最高位検校を買官し「米山検校」を名乗った。銀一は三男の平蔵に御家人・男谷(おだに)家の株を買い与えた[注釈 4]。銀一の孫で男谷平蔵の末子が海舟の父・勝小吉であり、小吉は三男であったため、男谷家から勝家に婿養子に出された。勝家は小普請組という無役で小身の旗本である。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:147 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE