動物
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

動物界
生息年代:
エディアカラ紀 - 現世Pre??OSDCPTJKPgN
各画像説明[注釈 1]
分類

ドメ
イン
:真核生物 Eukaryota
:動物界 Animalia
Linnaeus, 1758


本文参照

動物とは
動物界(どうぶつかい) に分類される生物のこと。本項で詳述する。

俗語として植物の対置語、「けもの」の意味、動物界に分類されるヒト以外の生物を指す言葉として使われる[1]

動物(どうぶつ、: Animalia、単数: Animal)は、動物界(どうぶつかい) に分類される生物のこと、またはその総称。真核生物に含まれ、一般に運動能力と感覚を持つ多細胞生物である。


目次

1 概念

2 動物の特徴

3 動物の分類

3.1 形状における特徴

3.2 発生にかかわる分類的事項

3.3 内臓器官等の特徴

3.4 化石動物についての動物門


4 絶滅した動物

5 参考文献

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 関連項目


概念

生物を動物と植物に二分する分類法は古くから存在しており、アリストテレスは感覚と運動能力の有無によりこれら二つの分類を試みている。ただし、中間的生物も存在することを認めていたようである。18世紀の生物学者リンネ (Carolus Linnaeus) は、感覚をもたない植物界と、感覚と移動能力をもち従属栄養的である動物界とに、生物を二分した。

明治時代以前の日本では、生物はと区分する本草学が主流であり、動物という概念は、西欧の学問に親しんだ蘭学者を除き、一般的ではなかった。生物を動物と植物に二分する分類は、西欧の学問が流入した明治以降に広く普及した。

二界説の下では、動物には下記の各群以外に、原生動物を単細胞の動物と位置づけていた。生物学の進歩により、現在では、動物か植物かのみで生物を分類するのは一般的ではなく、さまざまな分類法が提案されている(参考:生物の分類)。それらに従えば、真正細菌古細菌原生生物菌類など、動物にも植物にも分類されない生物も数多く存在し、動物界はそのようないくつもの系統の内の一つと見なされる。20世紀末の分子遺伝学などの流れの中で、枠組みは何度も見直され、植物界や菌界は大きくその構成が変わった。動物界に関しても、原生動物はそのような多系統の入り交じったものであることが判明している。後生動物に関しては、ほとんど変更を受けなかった。大きな変更としてはそれまで原生動物の一つと見なされていたミクソゾアがここに含められるようになった程度である。

動物の起源については、旧来から多細胞動物の起源ではないかといわれたこともある襟鞭毛虫類がそれらしいということになっており、繊毛虫アメーバはかなり系統が遠いらしいこと、菌界が動物界に近いことなどが示されている。動物・菌類・襟鞭毛虫を含む系統はオピストコンタと呼ばれる。原生動物の各系統、あるいはその他の情報に関しては生物の分類を参照。
動物の特徴

一般には、運動能力と感覚を持つのが大きな特徴とされるが、現在の動物界に含まれる生物すべてに当てはめることができない。以下のような特徴を持つ生物が、現在の意味での動物である。

多細胞性が著しく発達している(寄生性のものには例外もある)。

卵子精子の二種類の異なる半数性の配偶子が受精することにより発生する倍数性の生物である。

発生初期に細胞でできた中空の球状体である胞胚を形成する。

体外から養分を摂取する従属栄養的な生物である。

細胞壁が退化しており、細胞表面は細胞膜で形成されている。

動物の分類

下表は動物界を生物の分類の分類項目である「」に分類したものである。各動物門に属する生物はそれぞれの「門」独自の基本設計(ボディプラン)を共有している。

分類法には、背骨(脊椎)をもつ動物(脊椎動物)ともたない動物(無脊椎動物)とに分ける2分法が存在する。この分類は、ヒトを含む脊椎動物をより詳しく取り上げるときなどに、あくまでも便宜的に用いられる分類であり、脊椎動物は大きな多様性をもつ動物界の1亜門である(下表35門中の脊索動物門の、さらに1亜門)。

動物分類表上位分類門胚発生
海綿動物門(カイメン、カイロウドウケツ)無胚葉器官が
明確には
分化せず
平板動物門(センモウヒラムシ
真正
後生
動物
放射
相称刺胞動物門(クラゲサンゴ)2胚葉消化管
出入口が
同じ
有櫛動物門(クシクラゲ
左右
相称
動物
珍無腸動物珍渦虫動物門 (チンウズムシ)3胚葉
無腸動物
旧口
動物
冠輪
動物
扁形動物門(プラナリアキュウチュウサナダムシ
菱形動物門(ニハイチュウ)器官退化?
直泳動物門(キリオキンクタ
紐形動物門(ヒモムシ消化管
出口と
入口を
持つ
顎口動物門 (ハプログナチア)
腹毛動物門(イタチムシ、オビムシ)
輪形動物門(ワムシ
内肛動物門(スズコケムシ
外肛動物門(チゴケムシコケムシ
箒虫動物門(ホウキムシ
腕足動物門(ホオズキガイ、シャミセンガイ
星口動物門(ホシムシ
ユムシ動物門(ユムシ
毛顎動物門(ヤムシ
有輪動物門(シンビオン
微顎動物門 (リムノグナシア)
環形動物門(ミミズゴカイ


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE