動物誌_(アリストテレス)
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

アリストテレスの著作
アリストテレス全集

論理学
オルガノン:
範疇論 - 命題論
分析論前書 - 分析論後書
トピカ - 詭弁論駁論
自然学
自然学 - 天体論
生成消滅論 - 気象論
霊魂論 - 自然学小論集
動物誌
動物部分論 - 動物運動論
動物進行論 - 動物発生論
形而上学
形而上学
倫理学
ニコマコス倫理学
大道徳学
エウデモス倫理学
政治学
政治学
アテナイ人の国制
その他
弁論術 - 詩学
断片集
偽書
宇宙論 - 気息について
小品集 - 問題集
徳と悪徳について
経済学
アレクサンドロスに贈る弁論術
アリストテレス著作目録










Historia animalium et al., Costantinople, XII sec. (Biblioteca Medicea Laurenziana, pluteo 87.4)

『動物誌』(どうぶつし、: (Τ?ν) Περ? Τ? Ζ?α ?στορ?αι、: De historia animalium、: (Inquiries on) History of Animals)とは、紀元前4世紀に古代ギリシアの哲学者アリストテレスによって書かれた動物生物に関する研究書の一つ。彼の動物に関する記述は古代世界においては唯一無二であり、非常に優れた業績の一つである。


目次

1 構成

2 内容

2.1 分類

2.2 生物の発生


3 書籍

3.1 古代ギリシア語版

3.2 英訳

3.3 日本語訳


4 脚注

4.1 注釈

4.2 出典


5 関連項目

6 外部リンク


構成

全10巻から成るが、第10巻は偽書であり、第8巻 - 第9巻の真偽についても論争がある[1]

第1巻 - 全17章

第1章 - 等質部分と異質部分、種と類、生活法・行動・性格による相違

第2章 - 食物を取り入れ、排出する部分

第3章 - 触覚

第4章 - 血液血管、有血動物と無血部分

第5章 - 胎生卵生、蛆生の動物。足、ひれ、翼、運動点の数

第6章 - 動物界の諸類。動物研究の方法

第7章 - 人体の外部1 (部)

第8章 - 人体の外部2 (

第9章 - 人体の外部3 (1)


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE