労働党_(イギリス)
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

イギリス政党労働党
Labour Party
党首ジェレミー・コービン
成立年月日1900年2月27日
本部所在地ロンドン
庶民院議席数262 / 650   (40%)(2017年6月10日現在)
貴族院議席数200 / 798   (25%)(2017年6月14日現在)
政治的思想・立場中道左派
民主社会主義[1]
社会民主主義]][2]
第三の道[3][4][5]
公式サイト ⇒The Labour Party
シンボル赤いバラ
国際組織社会主義インターナショナル
欧州社会党
社会民主進歩同盟
テンプレートを表示

社会民主主義

先駆ヒューマニズム
啓蒙時代
フランス革命
空想的社会主義
1848年革命

パリ・コミューン

キリスト教社会主義
宗教社会主義
労働組合
進歩主義
マルクス主義
正統派マルクス主義
フェビアン協会
第二インターナショナル
発展修正主義社会改良主義
倫理社会主義(英語版)
労働社会主義インターナショナル
民主社会主義
ケインズ経済学
修正資本主義
フランクフルト宣言(英語版)
ネオ・コーポラティズム
社会的市場経済
第三の道
理念・政策間接民主制複数政党制
労働基本権自由権
福祉国家論混合経済
富の再分配フェア・トレード
環境保護世俗主義
協同組合社会正義
人物アトリーアウォロウォベルンシュタイン
ベタンクール ・ ブットーブラントブランティング
カーティン ・ en:Ignacy Daszy?ski ・ デブスダグラス
エジェヴィトゴンサーレスヒルファディング
ジョレス張君?片山哲
ラッサール ・ レイトン ・ レベック
マクドナルドマンデラネーダーネルー
バッジェ・イ・オルドーニェスパルメ
プレハーノフ ・ サヴェジ ・ トマス
ウィリアムズ
組織社会民主党
社会主義インターナショナル
国際社会主義青年同盟
欧州社会党
国際労働組合総連合
政治ポータル










労働党(ろうどうとう、: Labour Party)は、イギリス中道左派政党

イギリスにおいて保守党二大政党を形成している。社会主義インターナショナル加盟。


目次

1 歴史

1.1 結党・福祉路線

1.2 ブレア政権

1.3 ブラウン政権

1.4 野党転落後


2 主要な支持母体・基盤

3 歴代党首

4 歴代副党首

5 党内の派閥

6 年表

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク


歴史
結党・福祉路線

1900年に労働代表委員会として発足し、1906年に労働党へ改称した。結党以来、社会民主主義政党として労働者の生活の向上を唱え、失業保険の充実、社会保障制度の整備などに努めてきた。労働党が行った福祉政策の方向性を指して、「ゆりかごから墓場まで」という言葉が作られた。また、アトリー内閣では石炭鉄道、通信などの重要基幹産業の国営化を行った。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:80 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE