加藤勝信
[Wikipedia|▼Menu]

この存命人物の記事には検証可能出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2015年11月)

日本政治家加藤 勝信かとう かつのぶ
2013年6月16日アントリム州ベルファストにて
生年月日 (1955-11-22) 1955年11月22日(62歳)
出生地東京都
出身校東京大学経済学部卒業
前職国家公務員大蔵省
加藤六月衆議院議員秘書
川崎医療福祉大学客員教授
所属政党(無所属→)
自由民主党竹下派
称号経済学士(東京大学・1979年
親族室崎勝造(祖父
加藤六月岳父
加藤武徳義伯父
公式サイト ⇒衆議院議員 加藤 勝信
第19・20代 厚生労働大臣
内閣府特命担当大臣拉致問題
内閣第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間2017年8月3日 - 現職
内閣府特命担当大臣
少子化対策男女共同参画
内閣第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
在任期間2015年10月7日 - 2017年8月3日
衆議院議員
選挙区(比例中国ブロック→)
岡山5区
当選回数6回
在任期間2003年11月10日 - 現職
テンプレートを表示

加藤 勝信(かとう かつのぶ、1955年11月22日[1] - )は、日本政治家大蔵官僚。旧姓・室崎(むろさき)。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、厚生労働大臣第19代第20代)、内閣府特命担当大臣拉致問題)、働き方改革担当大臣。自由民主党岡山県連会長。

内閣府大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、自由民主党総裁特別補佐、川崎医療福祉大学客員教授内閣官房副長官第2次安倍内閣)、内閣人事局長内閣府特命担当大臣少子化対策男女共同参画)及び一億総活躍担当女性活躍担当再チャレンジ担当休眠預金活用担当を歴任。
目次

1 来歴

1.1 生い立ち

1.2 衆議院議員

1.3 自民党政権奪還後

1.4 年譜


2 政策

3 発言

4 著作

5 親族

6 所属団体・議員連盟

7 脚注

8 外部リンク

来歴

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年11月)
2013年4月15日総理大臣官邸にて。左から外務大臣岸田文雄、加藤、内閣官房副長官世耕弘成
生い立ち

東京都出身[2]。父・室崎勝聰は日野自動車工業社員(のち取締役副社長)。東京大学経済学部を卒業後、1979年大蔵省入省。倉吉税務署署長、主計局主査(労働予算担当)、主計局主査(防衛予算担当)等、本省勤務の他、農林水産大臣秘書官を務める[1]農水大臣だった加藤六月の娘に婿入りし加藤に改姓[3]1995年大蔵省大臣官房企画官を最後に退官。退官後は六月の秘書を務める[1]
衆議院議員

1998年第18回参議院議員通常選挙岡山県選挙区(定数2[4])から無所属で出馬したが、得票数4位で落選(岡山県選挙区からは江田五月、妻の従兄弟にあたる加藤紀文が選出)。2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党から比例中国ブロック単独7位で出馬したが、再び落選。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:65 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE