利根型重巡洋艦
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

利根型重巡洋艦

1942年頃の利根
艦級概観
艦種重巡洋艦
艦名川の名
前型最上型重巡洋艦
次型伊吹型重巡洋艦
阿賀野型軽巡洋艦[1]
性能諸元
排水量基準:11,213t 公試:13,320t
全長201.6m
全幅19.4m
吃水6.23m (公試)
機関ロ号艦本式缶8基
艦本式タービン4基4軸
152,000馬力(計画)
最大速力35kt (計画)
35.55kt(利根公試)
航続距離18ktで8,000
燃料2,690t
乗員利根竣工時定員869名[2]
武装50口径三年式20.3cm連装砲4基8門
40口径八九式12.7cm連装高角砲4基8門
九六式25mm連装機銃6基12挺
13mm連装機銃2基4挺
九〇式61cm3連装魚雷発射管4基
装甲舷側:145mm 甲板:35mm
航空機水上機6機 (呉式2号射出機2基)

利根型重巡洋艦(とねがたじゅうじゅんようかん)は、大日本帝国海軍重巡洋艦。同型艦は2隻。太平洋戦争直前に竣工している。水上偵察機を6機搭載するなど航空索敵能力を重視し、ミッドウェー海戦レイテ沖海戦など、数々の大規模海戦に参加した。福井静夫は本型を理想に近い巡洋艦と評している[3]


目次

1 概要

2 同型艦

3 脚注

4 参考文献

5 関連項目

6 外部リンク


概要

日本海軍は航空索敵手段として水上機も重視しており、巡洋艦に水上偵察機を搭載することに熱心に取り組んだ。だがアメリカ海軍の巡洋艦は日本のそれを上回り、4機の水上機を搭載可能であった。そこで1934年昭和9年)から最上型軽巡洋艦を改良した軽巡洋艦として本型の設計が開始された。主砲の門数を妥協した代わりに、水上機搭載数を一挙に6機に増やし水上機母艦的な能力を持った重巡洋艦としてアメリカ巡洋艦を凌駕する事を狙った。

計画開始時が軽巡洋艦であったために、艦名もにちなんだものとなっている。1935年(昭和10年)に起工した段階ではロンドン海軍軍縮会議の制限があったため、諸外国には「基準排水量8,636トン、水線全長187.21 m、喫水4.42 m、最大口径砲15.5 cm砲」という要目の巡洋艦と通告した[4][5]1936年(昭和11年)に軍縮条約から脱退したことで重巡洋艦の保有制限が失効し、建造途中で15.5 cm砲搭載の軽巡洋艦から、日本軍重巡洋艦の共通武装である50口径三年式20.3 cm連装砲を搭載した重巡洋艦へ設計変更された。また艦が完成する前に第四艦隊事件友鶴事件が発生したため、急遽船体構造の見直しと強化が行われた。こうした諸処の設計変更と船体強化などにより、設計当初より排水量の増加と若干の速力低下があった。「利根」が1938年(昭和13年)11月に、「筑摩」が1939年(昭和14年)5月に就役した。なお、利根に搭載予定の15.5cm砲塔は1939年(昭和14年)2月に特務艦「知床」によって呉工廠から長崎造船所へ運ばれたという[6]洋上補給を行う利根。

艦の特徴は、20.3 cm連装砲塔4基を艦の前部に集中配置し、艦の後部は航空艤装となっていることにある。後部甲板はフラットではなく、階段状となっていた。この配置によって主砲と艦載機の位置が離れたため、艦載機が主砲の爆風で破損する危険性がなくなり、常に主砲を発射できるようになった。本級以前の日本重巡洋艦では、主砲と艦載機の待機位置が接近していたため、爆風で艦載機が破壊される危険性が常に存在した。実際に妙高型重巡洋艦妙高スラバヤ沖海戦で、高雄型重巡洋艦高雄は駆逐艦ピルスバリーを撃沈した際にそれぞれ射出を待っていた艦載機を4番主砲の爆風で破壊してしまった。利根型も計画では6機の航空機を搭載可能だが、実際に搭載した数はそれよりも少ない。戦前は三座水偵2機、二座水偵4機、1940年(昭和15年)に三座水偵1機、二座水偵3機、レイテ沖海戦時には零式水上偵察機5機だった[7]


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE