列車便所
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

列車便所(れっしゃべんじょ)は、鉄道車両の車内に設置される便所


目次

1 設置と形態

1.1 開放式

1.2 貯留式

1.3 バイオトイレ


2 日本の列車便所

2.1 列車式便所

2.2 列車便所の付帯設備

2.2.1 水洗装置

2.2.2 便所使用知らせ灯と戸錠

2.2.3 便所窓


2.3 歴史

2.3.1 列車便所の設置

2.3.2 垂れ流しによる黄害

2.3.3 貯留式汚物処理装置の導入

2.3.4 汚物処理方式の展開

2.3.5 汚物処理装置の完全整備



3 ヨーロッパの列車便所

3.1 TGV

3.2 ICE

3.3 ユーロスター・イタリア


4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


設置と形態

鉄道草創期には列車への便所設置はなく、乗客は途中停車駅での休憩時間に慌ただしく用を済ませる必要があったが、鉄道網の延伸で19世紀中期には長距離の鉄道旅行が普通になり、欧米の鉄道では車内に便所を設けることが一般化した。

長距離運用のあるアメリカなどではディーゼル機関車の車内に便所を設置した例もあったが、日本で機関車に便所を設けた例はない。長距離列車の場合でも、機関士・運転士は通常2時間程度乗務し、所定の駅で別の要員と交代するため、便意は長距離乗務のある車掌ほど深刻にはならないとされたからである。なお、JR貨物では簡易トイレを持参している運転士もいる[1]

ヨーロッパのように陸続きの鉄道やアフリカなどの治安の悪い国々の鉄道では、無銭乗車者、密入国者、麻薬常用者等の犯罪者が潜伏するおそれがあるため、ホーム停車中はトイレが施錠され使用禁止とされている例もある(自動小銃を携行した警備員が警戒に当たっている場合もある)[2]。日本でも不正乗車をする利用者が中で車内改札(検札)を逃れるケース、通学の中・高校生などが中で喫煙するケースや、内部で放火などの犯罪が行われたりするケースが後を絶たない[3][4]
開放式停車中のトイレ使用を禁じるプレート(ポーランド、波独仏英の4か国語でその旨が書かれている)

開放式とは汚水管を線路上にそのまま開放し、自然流下させている方式をいう。日本でも開放式が採用されていた時期がある。ヨーロッパでは高速列車以外では未だに多く残っている[2]。開放式の場合、列車走行中でなければ汚物は自然飛散せずにそのまま直下に流下してしまうため、停車中には使用しないよう注意書きが掲示されることがある。

線路等の鉄道設備への衛生上の影響や沿線住宅地域への悪臭等の被害など「黄害」(おうがい、こうがい)と呼ばれる問題が生じることがある。
貯留式

最初に列車便所に貯留式便槽を設けたのはイギリスで、地下鉄線に直通する客車の汚物飛散対策として1910年ごろに実用化したのが最初である。
バイオトイレ

2008年現在、北海道旅客鉄道(JR北海道)では、列車便所にバイオトイレを導入する研究を、札幌のベンチャー企業バイオラファーと茨城の機械製造企業スターエンジニアリングとの共同で進めている。おがくずに専用の細菌を混ぜたものを分解槽に入れ、その中で汚物と攪拌することで分解処理し、二酸化炭素と水に変えるものである。従来は低温に弱いのが欠点であったが、新たに研究された低温に強いアシドロ菌の導入で可能となった。タンクからの汚物の抜き取り、および汚物の処理には多大な費用を要しているが、バイオトイレでは菌の交換、攪拌とヒーターの燃料費が掛かる程度で、大きなコストダウンが期待されている[5]
日本の列車便所

短距離向けの通勤用車両の一部を除いて、日本の旅客用鉄道車両の多くは車内に乗客用の便所を設置している。それらは車両内の限られた空間に設置される必要性から、通常の建築物に設置される便所とは多分に異なる性格を有し、独特の発達を遂げてきた。

日本の鉄道では、階段状の床板に填め込まれた和式両用便器か、もしくは洋式便器を設置するのが普通で、室内片隅には小型の手洗器が設置されている。また特急列車などの優等列車に設置される列車便所は、多くの場合隣接する形で洗面所室が設けられている。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE