刑法_(日本)
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

刑法

日本の法令
通称・略称なし
法令番号明治40年法律第45号
効力現行法
種類刑法
所管法務省
主な内容主な犯罪の成立要件とそれに対する刑罰
関連法令軽犯罪法爆発物取締罰則組織犯罪処罰法ハイジャック防止法刑事訴訟法
条文リンク ⇒e-Gov法令検索
テンプレートを表示

日本の刑法

刑事法
刑法
刑法学犯罪刑罰
罪刑法定主義
犯罪論
構成要件実行行為不作為犯
間接正犯未遂既遂中止犯
不能犯因果関係
違法性違法性阻却事由
正当行為正当防衛緊急避難
責任責任主義
責任能力心神喪失心神耗弱
故意故意犯錯誤
過失過失犯
期待可能性
誤想防衛過剰防衛
共犯正犯共同正犯
共謀共同正犯教唆犯幇助犯
罪数
観念的競合牽連犯併合罪
刑罰論
死刑懲役禁錮
罰金拘留科料没収
法定刑処断刑宣告刑
自首酌量減軽執行猶予
刑事訴訟法刑事政策










プロジェクト 刑法 (犯罪)

刑法(けいほう、明治40年法律第45号)は、犯罪に関する総則規定および個別の犯罪の成立要件やこれに対する刑罰を定める日本法律。明治40年(1907年)4月24日に公布、明治41年(1908年)10月1日に施行された。

日本において、六法を構成する法律の一つであり、基本的法令である。ただし、すべての刑罰法規が刑法において規定されているものではなく、刑事特別法ないし特別刑法において規定されている犯罪も多い。

現行刑法は、第1編の総則(第1条?第72条)と、第2編の罪(第73条?第264条)の2編によって構成されている。
目次

1 概要

2 第1編「総則」

2.1 適用範囲

2.1.1 場所的適用範囲

2.1.2 時間的適用範囲

2.1.3 人的適用範囲


2.2 刑罰

2.3 犯罪の不成立、刑の減免

2.4 未遂罪

2.5 罪数・累犯

2.6 共犯

2.7 加重減軽


3 第2編「罪」

4 沿革

4.1 古代

4.2 中世

4.3 近世

4.4 明治初期の刑法典

4.5 旧刑法

4.6 刑法典論争

4.7 現行刑法の制定


5 改正刑法草案

6 主な改正

6.1 戦前

6.2 昭和20年代

6.3 昭和30年代

6.4 昭和後期

6.5 平成

6.6 平成10年代

6.7 平成20年代


7 脚注

8 関連項目

9 参考文献

10 外部リンク

概要

現行刑法は、強力な治安法制を確立させたいという制定時の政治的な思惑が反映される一方で、犯罪類型について抽象的・包括的な定め方がされ、法定刑の幅が広く取られている[1]。そのため、裁判官の解釈や量刑の余地が大きく、裁量によって執行猶予を付すことができたり、逆に累犯に対しては重い処罰をすることができるものとなっている。これは犯罪者の更生や社会防衛のための柔軟さを兼ね備えたものであり、制定当時の国際水準においては最先端の刑法典であった。だが、その一方で政治的な意図が運用に反映され過ぎれば、人権が侵される危険があり、実際に刑事裁判においてはその歴史をたどってしまっている。それが克服されたのは、司法行政権が、内閣を構成する司法大臣から裁判所の下に移り、人権の尊重を謳った日本国憲法の制定以後のことである。
第1編「総則」

ここでは、個別の犯罪に共通する一般原則を規定している。この編の規定は、明文のない限り他の刑罰法規(特別刑法)において定められた犯罪にも適用される。刑法の総則を理論化したものが講学上の刑法総論である。
適用範囲

第1章では、刑法の場所的・時間的適用範囲が規定されている。
場所的適用範囲

日本の刑法では刑法1条属地主義を採用しており、この属地主義の立場を基本として犯罪の類型ごとに属人主義保護主義世界主義で補充する形をとっている(刑法第2条以下)。
時間的適用範囲
遡及処罰の禁止
日本の刑法では、その施行後になされた犯罪に対してのみ適用される。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE