分子遺伝学
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年11月)

分子遺伝学(ぶんしいでんがく、英語:molecular genetics)は生物学の研究分野であるが、二つの異なる分野を指す。塩基配列の比較から生物の進化を議論する分野と、遺伝現象の仕組みを分子のレベルで理解しようとする分野である。
進化を扱う分子遺伝学

遺伝情報として生物が有するDNARNAは、の進化とともに変化する。この変化を観察することである生物種(やウイルス等の非生物も)がどのように分化したかを調べる。形態的な分類による古典的な分類学に対し、塩基配列や酵素多型と行った遺伝情報から分類する。

理論的な体系は、木村資生中立進化説により確立された。現在でも中立説は遺伝子進化を解析する際に非常に重要な理論的基盤を提供している。

この分野は、分子進化学、あるいは分子系統学系統学の一分野として)、分子分類学(分類学の一分野として)などとも呼ばれる。
遺伝現象を分子レベルで扱う分子遺伝学

遺伝情報を記述する遺伝子の化学的本体がDNAであり、その塩基配列によって蛋白質の構造が記述されていることが明らかとなっている今日では、遺伝学分子生物学、あるいは遺伝子工学において用いられる基本的かつ重要な手法となっている。
関連項目

分子系統学

分子人類学

この項目は、生物学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:生命科学Portal:生物学)。










生物学
対象生物学

動物学

植物学

人類学

真菌学

微生物学

ウイルス学

寄生虫学

分子生物学

生理・生化学

生化学

疫学

免疫学

栄養学

病理学

薬理学

生理学

毒性学

細胞・組織学

解剖学

形態学

細胞生物学

発生学

発生生物学

組織学

神経科学

ゲノム・遺伝学

遺伝学

古典遺伝学

ゲノミクス

分子遺伝学

集団遺伝学

逆遺伝学

進化生物学

進化生物学

生命の起源

古生物学

分類学

系統学

分岐学

進化分類学

分子系統学

体系学

生態学

生態学

保全生態学

生物海洋学

群集生態学

個体群生態学

動物行動学

社会生物学

応用・学際領域

生物地理学

宇宙生物学

生物物理学

生物統計学

時間生物学

数理生物学

量子生物学


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:9 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE