函南塚本インターチェンジ
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

函南塚本インターチェンジ
所属路線E70
伊豆縦貫自動車道
東駿河湾環状道路) 【連絡路
本線標識の表記下田 伊豆市(記事参照)
起点からの距離3.7km(大場・函南IC起点)
?大場・函南IC (3.7km)
接続する一般道国道136号(伊豆中央道)
供用開始日2014年2月11日
通行台数X台/日
所在地〒419-0124
静岡県函南町塚本北緯35度4分 東経138度55分
テンプレートを表示

函南塚本インターチェンジ(かんなみつかもとインターチェンジ)は、静岡県函南町塚本にある伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路) 【連絡路】のインターチェンジである。IC番号は沼津河川国道事務所のpdfでは9[1]とされているが、実際は表記されていない。

なお当ICは、連絡路の終点であるため、ハーフインターチェンジとなる。無料区間に位置するため、料金所の設置計画はない。

また当ICは国道136号(伊豆中央道)に直結するため国道136号(現道)や静岡県道11号熱海函南線は利用不可。これらの道路は当ICより手前(沼津寄り)の大場・函南ICで流出して【連絡路】沿いに設けられる側道を経由することにより利用可能。また、当ICの事実上の出入口は下田寄りにある伊豆中央道入口交差点となる。

当ICは伊豆中央道の南側に建設されていたが、2012年10月15日に伊豆中央道の下り線が伊豆縦貫道の南側に移動し、伊豆縦貫自動車道が伊豆中央道の上下線に挟まれるかたちとなった。


目次

1 接続する道路

2 本線案内標識表示

3 沿革

4 周辺

5 隣

6 関連項目

7 脚注

8 外部リンク


接続する道路

国道136号(伊豆中央道)に直結

本線案内標識表示

(伊豆縦貫道 沼津岡宮IC方面から)
下田 伊豆市 4.7km先 有料(伊豆中央道直結のため、案内標識そのものは大場・函南IC付近に設置)[1]

(伊豆中央道 大仁中央IC方面から)分岐する線 : 熱海 三島/本線 : 沼津 東名 新東名[1]

沿革

2014年2月11日 : 三島塚原IC - 大場・函南IC - 函南塚本IC間開通[2]

周辺

伊豆仁田駅伊豆箱根鉄道駿豆線

静岡県立田方農業高等学校


E70
伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路) 【連絡路
(8)大場・函南IC - 函南塚本IC
伊豆中央道
大場川南交差点 - 函南塚本IC - 伊豆中央道入口交差点 - (平面交差あり) - 江間料金所 - 江間交差点 - 江間IC(三島方面出入口)
関連項目

日本のインターチェンジ一覧

伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路

脚注

[ヘルプ]
^ a b c 伊豆縦貫自動車道〔東駿河湾環状道路〕の開通に合わせ周辺幹線道路を含め道路案内標識を分かりやすくします! (PDF) - 中部地方整備局沼津河川国道事務所、2013年12月16日
^ 国土交通省 お知らせ 東駿河湾環状道路(三島塚原IC?函南塚本IC)の開通時間と開通式典のお知らせ Archived 2014年2月22日, at the Wayback Machine.

外部リンク

いふWeb|道路事業|東駿河湾環状道路










E70 伊豆縦貫自動車道
ICSIC

本線



東駿河湾環状道路:(1) 沼津岡宮IC(>>東名高速 沼津IC

(3) 長泉IC

(4) 三島萩IC

(5) 三島加茂IC

(6) 三島塚原IC

(7) 三島玉沢IC

(8) 大場・函南IC(>>連絡路)

函南IC(事業中)



天城北道路:天城湯ヶ島IC(事業中)



河津下田道路:河津IC(事業中)

逆川IC(事業中)

須原IC(事業中)

下田北IC(事業中)

蓮台寺IC(事業中)

敷根IC(事業中)

下田IC(事業中)


連絡路



東駿河湾環状道路:(8) 大場・函南IC(>>本線)


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:17 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE