是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、装飾品の冠について説明しています。部首の冠については「冠 (漢字)」をご覧ください。

日本のヘヴィメタルバンドの「THE冠」とは異なります。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年10月)

冠(かんむり)とは地位や階級などを示すために頭にかぶる装飾品。


目次

1 機能

2 各文化圏の冠

2.1 東洋

2.1.1 日本

2.1.2 中国


2.2 西洋

2.2.1 西欧

2.2.2 東欧



3 関連するもの・ことば

4 関連項目


機能

世界的に、君主宗教指導者の地位を示すのに使われる。それ以外でどれだけの地位や階級の者まで冠を戴くかは、文化圏によって異なる。

月桂冠のように、戦争やスポーツでの勝者に与えられる冠もある。

もっぱら装身具としての用途しかない冠もある。
各文化圏の冠
東洋李淵の肖像。髷にあった冠をかぶる

東洋では儒教によって冠をかぶることが文明化した風俗とされた。
日本詳細は「日本の冠」を参照孝明天皇の冕冠
中国

往古中国では髪を切らず、髷を結い、そこに冠をかぶる習慣があった。前漢には儒教国教となると冠をかぶることが規定され、以来漢民族の習俗となった。などの非漢民族では冠の習慣はなく、ことに辮髪の習慣を漢民族に強制し、大きな抵抗を招いた。

中国文明が他国に伝播するとともに冠をかぶる習俗は各地に広まった。

皇帝がかぶる冠は冕冠(べんかん)と呼ばれ、前と後ろに硝子や玉で作ったビーズを通した飾り紐からなるがあるのが特徴である。皇帝の冠には12本、前後で24本の簾がつくことになっていた。

では冠は髷にあったものとなり、装飾として纓がつくようになった。この習俗は日本、朝鮮に律令制などとともに伝来することになる。

項目礼冠もある程度参考になる。
西洋詳細は「西洋の冠」を参照
西欧

ヨーロッパでは冠は王権教皇権を誇示するための象徴であった。

王冠 - 君主(文字通りには)の冠

三重冠 - 教皇の冠

東欧

西方教会と異なる文化伝統を有する東方教会の広がる地域(東欧・東地中海)では、冠の形状・用いられ方にも西欧との差が生じた。

正教会主教の冠はミトラ (宝冠)と呼ばれる。
関連するもの・ことば

漢字の構成要素のうち上部にあるものの総称。→
冠 (漢字)

イベントや番組名などの名前に主催者・スポンサー・主な出演者の名前などを付けたものを冠大会冠番組などと呼ぶ事がある。

馬主が競走馬の名前に付ける特定の言葉を冠名という。

おかんむりは機嫌が悪い事。

李下に冠を整さずは人に疑われそうな行動を取るべきでないという意味のことわざ

星座の一つ。 → かんむり座

ワシの一種。 → カンムリワシ

くらげの一種。 → カツオノカンムリ

トヨタ・カムリは冠が語源である。なお、トヨタ車の場合他にもクラウンを筆頭にコロナ(光冠)カローラ(花冠)、ティアラ(コロナの輸出名)、クローネ(カリーナED(ST180系)の特別仕様車)など、特に昔から生産されている車種においては「冠」絡みの車種名が数多く存在する。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、冠に関連するカテゴリがあります。


サークレット

烏帽子

帽子

戴冠式










歴史的な洋服
時代別

古代エジプト

古代ギリシャ


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE