公権力
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

公権力(こうけんりょく)とは、政府統治行為のうち、物理的な力により執行されるもの、あるいは服従しなければ刑罰を科せられるものを指す。また、公権力を執行する機関である警察検察裁判所税務署軍隊も指す。

公権力は様々な行為によって行使されるが、代表的な例は逮捕収監召喚のほか、行政処分強制収用徴税・かつての徴兵)などがこれに当たる。


目次

1 日本における公権力の行使

2 フランス語における「Force publique」や英語における「Public Force」

2.1 元々の用法

2.2 更なる用法


日本における公権力の行使

行政手続法 2条2号 - 処分 行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為をいう。

行政不服審査法 1条・2条

行政事件訴訟法 3条 - 行政処分

国家賠償法 1条 - 行政指導、国公立の学校教育

フランス語における「Force publique」や英語における「Public Force」

この項目「公権力」は途中まで翻訳されたものです。(原文:en:Public Force 2009年10月23日 18:20(UTC))
翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページや履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。要約欄への翻訳情報の記入をお忘れなく。(2010年11月)

フランス語: Force publiqueや英語: Public Forceとは、公の利益に資することを目的とした、物理的な有形力の正統かつ合法な使用が、確保されている力のことである。この用語は、幅広く且つ緩やかに定義され、また、警察軍隊を指して使用されることもある。
元々の用法

この概念が最初に使用されたのは、1789年のフランス人権宣言においてである。

Article XIII - For the maintenance of the public force and for the expenditures of administration, a common contribution is indispensable; it must be equally distributed between all the citizens, by reason of their faculties [i.e., ability to pay].

この宣言は、市民暴力の正統な使用との間における関係を規定するために求められた。アングロ・サクソン諸国における類似の人権宣言等と異なり、このような力に対抗するための市民の権利よりも、このような力の存在に貢献するための市民の義務の方に重点・力点が置かれている。
更なる用法

この節の加筆が望まれています。

この概念は、例えばトーマス・ジェファーソンの6回目の一般教書演説など、他の国々においても使用された。


この項目は、政府(地方の役所公益法人などを含む)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:政治学/PJ政治)。


更新日時:2016年8月11日(木)06:28
取得日時:2017/12/19 03:44


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:6382 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE