公権力
[Wikipedia|▼Menu]

権利

理論的区別

請求権と自由権
個人・集団の権利
自然権
消極的・積極的権利

人権

公民
経済と社会、文化
第三世代

要求者毎の権利
動物 ・ 著作 ・ 子供 ・ 消費者 ・ 障害者 ・ 父親 ・
胎児 ・ 人間 ・ 先住民 ・  ・ LGBT ・ 男性 ・ 少数者 ・
母親 ・ 植物 ・ 学生 ・ 女性 ・ 労働 ・ 若者
その他の権利

自由権 ・ デジタル ・ 言語 ・ 性と生殖 ・文化権(文化の選択)










公権(こうけん)とは、私権に対し公法関係における権利で公義務に対応する。「職権(しょっけん)」ともいう。

公権に関する紛争の裁判的解決については、行政事件訴訟法の定める手続による。

公務員が職権を濫用した場合、公務員職権濫用罪に問われる。
種類

国家的公権 
国家公共団体が行政主体として私人に対してもつ権利。刑罰権・財政権・警察権統治権課税権等

個人的公権 私人が国家・公共団体に対してもつ権利。

参政権

受益権(国務請求権) - 請願権裁判を受ける権利など

自由権 - 身体の自由、精神の自由、経済活動の自由


関連項目

行政

権利

権限

日本国憲法 - 人権#日本における人権

この項目は、政治に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますポータル 政治学/ウィキプロジェクト 政治)。


更新日時:2018年6月29日(金)08:28
取得日時:2018/07/17 22:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:4989 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE