八重山郡
[Wikipedia|▼Menu]

日本 > 九州地方 > 沖縄県 > 八重山郡

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年1月)

八重山郡(やえやまぐん)は沖縄県の人口6,204人、面積363.35km²、人口密度17.1人/km²。(2018年11月1日、推計人口

以下の2町を含む。

竹富町(たけとみちょう)

与那国町(よなぐにちょう)
沖縄県八重山郡の範囲
沿革

明治29年(1896年4月1日 - 「沖縄県ノ郡編制ニ関スル件」(明治29年勅令第13号)の施行により、八重山列島の石垣間切、大浜間切、宮良間切および与那国島をもって行政区画としての八重山郡が発足。郡役所を大浜間切に設置。(3間切1島)

明治41年(1908年)4月1日 - 島嶼町村制施行により、全域をもって八重山村が発足。(1村)

大正3年(1914年)4月1日 - 八重山村が下記の4村に分村。(4村)

石垣村 ← 石垣、新川、名蔵、崎枝、川平、桴海、大川、登野城

大浜村 ← 平久保、伊原間、野底、桃里、白保、盛山、宮良、大浜、真栄里、平得

竹富村 ← 竹富、黒島、新城、波照間、小浜、鳩間、西表、上原、崎山、南風見、仲間、古見、高那

与那国村 ← 与那国


大正15年(1926年12月1日 - 石垣村が町制施行して石垣町となる。(1町3村)

昭和20年(1945年)4月1日以降 - 米国海軍軍政府布告1号により米軍占領地域で順次日本政府の統治から切り離されアメリカの統治下になる。

昭和21年(1946年

1月 - 連合国軍最高司令官総司令部覚書により連合国よりアメリカ軍政へ移管される。


昭和22年(1947年

7月10日 - 石垣町が市制施行して石垣市となり、郡より離脱。(3村)

9月1日 - 大浜村が町制施行して大浜町となる。(1町2村)


昭和23年(1948年

7月1日 - 竹富村が町制施行して竹富町となる。(2町1村)

12月1日 与那国村が町制施行して与那国町となる。(3町)


昭和39年(1964年6月1日 - 大浜町が石垣市に編入。(2町)

昭和47年(1972年)5月15日 - 全域が日本に復帰する(沖縄返還)。「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」第3条により「従前の沖縄県は、当然に、地方自治法に定める県として存続するものとする。」と規定され、地方自治法が適用される。

備考

県議会議員選挙は2町の人口が少ないため八重山郡区というのは存在せず、石垣市区として石垣市と合わせた選挙区となっている。

参考文献

角川日本地名大辞典 47 沖縄県










沖縄県自治体
市部

那覇市

宜野湾市

石垣市

浦添市

名護市

糸満市

沖縄市

豊見城市

うるま市

宮古島市

南城市

国頭郡
国頭村

大宜味村

東村

今帰仁村

本部町

恩納村

宜野座村

金武町

伊江村

中頭郡
読谷村

嘉手納町

北谷町

北中城村

中城村

西原町

島尻郡
与那原町

南風原町

渡嘉敷村

座間味村

粟国村

渡名喜村

南大東村

北大東村

伊平屋村

伊是名村

久米島町

八重瀬町

宮古郡
多良間村

八重山郡
竹富町

与那国町


座標: 北緯24度16分28秒 東経123度51分58秒 / 北緯24.27444度 東経123.86611度 / 24.27444; 123.86611 (八重山郡)

更新日時:2017年8月2日(水)21:51
取得日時:2018/12/18 03:46


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:9456 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE