八丈小島のマレー糸状虫症
[Wikipedia|▼Menu]
マレー糸状虫八丈小島(2017年9月撮影)八丈小島八丈小島の位置

八丈小島のマレー糸状虫症(はちじょうこじまのマレーしじょうちゅうしょう)とは、伊豆諸島南部の八丈小島東京都八丈町)にかつて存在したリンパ系フィラリア症を原因とする風土病である。

この風土病は古くより八丈小島および隣接する八丈島では「バク」と呼ばれ[† 1]、島民たちの間で恐れられていた[1]

本疾患の原因はフィラリアの一種であるマレー糸状虫 Brugia malayi ICD-10 (B74.1) [2]によるものであり、八丈小島は日本国内で唯一のマレー糸状虫症の流行地であった[3][4][5][6]

フィラリアイヌ心臓などに寄生する犬糸状虫 Dirofilaria immitisから、イヌの病気としても知られている。だが、かつての日本国内ではヒト発症するフィラリア症(以下、本記事で記述するフィラリア症はヒトに発症するものの意として扱う)のひとつバンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti、ICD-10 (B74.0) [2]による流行地が、北は青森県から南は沖縄県に至る広範囲に散在していた。特に九州南部から奄美沖縄へかけての南西諸島一帯は、世界有数のフィラリア症流行地として世界の医学界で知られていた[7][8]。しかし、1977年昭和52年)に沖縄県の宮古諸島および八重山諸島で治療が行われた患者を最後に、ヒトに感染するフィラリア症の日本国内での発生事例は確認されなくなった[9]。そして1988年(昭和63年)の沖縄県宮古保健所における根絶宣言により、日本は世界で初めてフィラリア症を根絶した国となった[10][11][12]

日本におけるフィラリア症の防圧[† 2]・克服へ向けた本格的な研究は、1948年(昭和23年)から始まった東京大学付属伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)の佐々学による八丈小島でのフィールドワークと、それに続く同島での駆虫薬スパトニンを用いた臨床試験が端緒である。この八丈小島で得られた一連の治験[† 3]データや経験は、後に続く愛媛県佐田岬半島長崎鹿児島奄美沖縄各所での集団治療を経て、最終的に日本国内でのフィラリア症根絶へ向かう契機となる日本の公衆衛生史上重要な意義を持つものであった[13]

ヒトに寄生して発症するフィラリア症はフィラリア虫の種類ごと世界各地に8種あるといわれ[14]、そのうち日本国内のフィラリア症はバンクロフト糸状虫によるものがほとんどであった。だが、不思議なことに八丈小島のフィラリア症はバンクロフト糸状虫ではなく、東南アジアを中心とする地域で流行するマレー糸状虫によるものであり、これは日本国内では唯一の流行地であった。

この記事では、かつて八丈小島でバクと呼ばれ恐れられていたマレー糸状虫症と、その防圧の経緯について解説する。


目次

1 八丈小島のバク

2 リンパ系フィラリア症の概略

2.1 リンパ系フィラリア症の主な症状

2.1.1 象皮病

2.1.2 陰嚢水腫・乳房肥大

2.1.3 乳糜尿


2.2 リンパ系フィラリア虫の種類

2.2.1 バンクロフト糸状虫

2.2.2 マレー糸状虫

2.2.3 チモール糸状虫



3 八丈小島における病態調査と防圧の経緯

3.1 明治・大正期の調査

3.1.1 中浜東一郎による八丈小島初調査

3.1.1.1 最初のバク研究者

3.1.1.2 中浜のバク病取調報告


3.1.2 京大と九大による八丈小島調査

3.1.2.1 京都大学衛生学教室の調査

3.1.2.2 九州大学第二内科の調査



3.2 昭和20年代以降の調査

3.2.1 伝染病研究所・佐々学

3.2.2 佐々による八丈小島初回調査

3.2.3 ミクロフィラリアの夜間定期出現性

3.2.4 夜間採血

3.2.5 佐々の渡米と化合物DECとの出会い

3.2.6 新駆虫薬スパトニンの開発


3.3 マレー糸状虫の発見

3.3.1 マレー種のフィラリア

3.3.2 スパトニン投薬テスト


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:346 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE