全国地方公共団体コード
[Wikipedia|▼Menu]

全国地方公共団体コード(ぜんこくちほうこうきょうだんたいコード)は、日本地方公共団体につけられた、数字3または5桁または6桁の符号(コード)である。コードが与えられる地方公共団体とは、都道府県市町村特別区一部事務組合地方開発事業団広域連合、加えて、地方公共団体ではないが行政区東京都区部である。JIS地名コード、地方自治体コード、都道府県コード、市町村コードなどと呼ばれることもある。

1968年自治省(現総務省)が事務処理の簡素化のために導入した。1970年4月1日に行政管理庁(後の総務庁、現 総務省)が統計処理用のコードとしてこのコードを採用し、以降国勢調査などの各種統計に利用している。また、同日づけで日本工業規格(JIS)にも指定された。日本工業規格としての規格番号は当初は「JIS C 6261」であったが、1987年に日本工業規格に「部門X: 情報処理」が新設されたことに伴い「JIS X 0402」になった。

コードは3桁の数字、または、JIS X 0401(旧 JIS C 6260)に定められた都道府県コードを先行させた5桁、または、誤り検出のためのチェックディジット(JIS X 0402 での名称は「検査数字」)を続けた6桁である。以下では原則として、都道府県コードを含み検査数字を除く5桁で表す。5桁のコードを求められた場合、検査数字を除いた上5桁を記入すればよい。


目次

1 都道府県コード

2 付番規則

2.1 基点

2.2 都道府県

2.3 市区町村

2.3.1 特別区の区域および政令指定都市

2.3.2 政令指定都市以外の市

2.3.3 町村

2.3.4 改廃


2.4 一部事務組合等


3 検査数字(チェックディジット)

4 特筆すべきケース

4.1 都道府県庁所在地が最初の市区町村でない


5 類似コード

5.1 政府機関コードと政府統計コード

5.1.1 政府機関コードで追加されているコード



6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 関連項目

8 外部リンク


都道府県コード

JIS X 0401 により、各都道府県に概ね北東から南西へ、01から47までの符号が割り振られている。このコードは、ISOの地域コード ISO 3166-2:JP にもそのまま使われている。

なお、都道府県コード自体は「全国地方公共団体コード」ではない。「都道府県に与えられた全国地方公共団体コード」は、都道府県コードに3桁コード000を続けた5桁コードである。ただしこの5桁コードを都道府県コードと呼ぶこともある。01:北海道
02:青森県 03:岩手県 04:宮城県 05:秋田県 06:山形県 07:福島県
08:茨城県 09:栃木県 10:群馬県 11:埼玉県 12:千葉県 13:東京都 14:神奈川県
15:新潟県 16:富山県 17:石川県 18:福井県 19:山梨県 20:長野県
21:岐阜県 22:静岡県 23:愛知県 24:三重県
25:滋賀県 26:京都府 27:大阪府 28:兵庫県 29:奈良県 30:和歌山県
31:鳥取県 32:島根県 33:岡山県 34:広島県 35:山口県
36:徳島県 37:香川県 38:愛媛県 39:高知県
40:福岡県 41:佐賀県 42:長崎県 43:熊本県 44:大分県 45:宮崎県 46:鹿児島県 47:沖縄県

付番規則
基点

1968年12月1日時点で存在した各地方公共団体(沖縄県とその市町村を含む)に割り振られた。ただし、翌年1月1日に合併を控えていた静岡県安倍郡の6村(現 静岡市)には例外としてコードは割り振られなかった。
都道府県

都道府県コードに 000 を続ける。たとえば北海道 (01) なら 01000。
市区町村

100番台から700番台が市区町村に割り当てられている。
特別区の区域および政令指定都市

特別区の区域(区部全体のこと)および政令指定都市には 100 が、区には 101 からの連番が与えられる。特別区の区域と指定都市、特別区と行政区に扱いの差はない。特別区の区域と行政区は地方公共団体ではないが、特に問題としない。

例1:東京都特別区の区域 13100、千代田区 13101、中央区 13102、……

例2:神奈川県横浜市 14100、鶴見区 14101、神奈川区 14102、……


都道府県に指定都市が複数ある場合は、100?199 から定めるとしか決まっていないが、これまでは2市の例外を除き 100 と 130 が与えられている。

例:神奈川県川崎市 14130、川崎区 14131、幸区 14132、……


都道府県内第3の指定都市として現在唯一である相模原市には、(160 ではなく)150 が与えられた。

例:神奈川県相模原市 14150、緑区 14151、中央区 14152、……


堺市の場合、先に政令指定都市に移行していた大阪市が 128 まで使用しており(区数24+欠番数4)、今後の分区や合区による数の増加を考慮して例外として 140 が割り振られた。

例:大阪府堺市 27140、堺区 27141、中区 27142、……


政令指定都市以外の市

201 から連番で各市に番号が割り振られる。1968年時点の政令指定都市の分は欠番とならずに詰められる。現在では官報告示順に割り振られるため、市制施行の順とは異なる例も少なくない。

例1:佐賀県
佐賀市 41201、唐津市 41202、鳥栖市 41203、……

例2:大阪府岸和田市 27202、豊中市 27203、…… (堺市の27201が欠番になっているが、大阪市の欠番はない)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE