元首
[Wikipedia|▼Menu]

古代ローマの地位については「プリンケプス」をご覧ください。

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、ラテン語: dux civitatis、フランス語: chef d’Etat、英語: head of state)とは、

行政の長として対外的代表権を持つ存在

(行政の長かそうでないかを問わず、単に)対外的代表権を持つ存在

を指す。
目次

1 概要

2 分類

2.1 絶対君主制国家・専制君主制国家の元首

2.2 立憲君主制国家の元首

2.2.1 君主の政治的権限が強い立憲君主制国家の元首

2.2.2 君主が儀礼上の存在となっている立憲君主制国家の元首

2.2.3 象徴君主制


2.3 共和制国家の国家元首

2.3.1 大統領制国家の国家元首

2.3.2 半大統領制国家の国家元首

2.3.3 議会共和制国家の国家元首

2.3.4 社会主義国の国家元首


2.4 専制国家・軍事国家・独裁政治国家の国家元首

2.5 特殊な政体を採る国家の元首

2.6 日本国の元首


3 国家元首に関する慣例

3.1 外交特権

3.2 兵は誰に忠誠を誓うか

3.3 オリンピックの開会式の開催宣言は誰が行うか


4 その他

4.1 国家元首が宗教の首長を兼ねる例

4.2 日本における「外国の元首」が関連する法規定


5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

7.1 日本関連


概要

「国家元首」の概念は、国家有機体説に発しており、国家を人体になぞらえた場合に、君主をhead([1])になぞらえたものとして生まれている[2]。この比喩から転じて、やがて、そうした国家有機体説の比喩を離れて、行政権の長として対外的代表権を持つ存在(人)を元首と呼ぶようになり、さらに転じて、(行政権の長であるかないかは問わず)ともかく、対外的代表権を持っている存在(人)を指して「元首」と呼ぶようになった [3]

社会契約説の国家観の下では社会的な委任契約における社会的人格の一つ[4]

君主制の国家では皇帝国王などの君主共和制の国家では大統領が元首とされることが通例である。社会主義国では大統領の他、中華人民共和国国家主席キューバ国家評議会議長、かつてのソ連最高会議幹部会議長東ドイツ国家評議会議長なども国家元首に該当する。

国家元首に関する規程を持たない国も少なくなく、そうした国での国家元首は慣習上のものである。各国の憲法により、国家元首が政治の実権を持つ場合も持たない場合もある。実権の有無、統治形態の違いにかかわらず、国家元首は国家の長としての特別な権威を持つべきだと考えられている。しかし同時に自由主義、および国民主権の立場からそうした権威は不要であるとする考えもある。

一般的に国家元首が置かれる場合、ひとつの国に一人とされるが、例外もいくつかある。

サンマリノ共和国では、2名の執政が元首

アンドラ公国では、フランス大統領ウルヘル司教が「共同元首」

スイスでは、合議体である連邦参事会が元首。

分類

以下の項目において国家元首の大まかな分類を行う。なお、これらはあくまで大まかな区分である。各国の憲法には差異があり、元首の機能も多種多様である。
絶対君主制国家・専制君主制国家の元首

皇帝や国王のような君主が、強大な政治的権限を有している。君主は世襲であることがほとんどである。憲法を制定していない場合(絶対君主制国家)や、憲法を制定していても実際的には君主の大権が憲法を超越している場合(専制君主制国家)などがある。このような国家では、君主が富裕で国家から歳費を支給されていないことが多い。そのため、政府や議会が歳費の支給を停止して、君主の権限である大権を制限させることができない。さらに、宣伝や教育によって君主による統治の正当化が行われている。

リヒテンシュタイン(侯)[5] は形式的には立憲君主制の君主であるが、実際的には強大な権限を握っており、絶対君主制または専制君主制の典型であるといわれる。

アラビア半島所在の諸国(サウジアラビアアラブ首長国連邦を構成する7首長国オマーンカタールクウェート)のスルターンは、絶対君主制の君主の典型である。君主の下に行政の実務を担当する首相が置かれる場合もあるが、君主が首相を兼任していたり、君主の一族(皇太子など)が首相となっている場合も多く、こうした事例では事実上、首相の権限は君主大権の中に包括されている。

アラブ首長国連邦の国家元首は大統領である。これは国家の最高意志決定機関である連邦最高評議会(FSC)で互選されるため、形の上では君主ではない。しかし、連邦最高評議会は絶対君主制を採る7首長国の首長から構成されるとともに、実際には大統領はアブダビ首長、副大統領兼首相はドバイ首長が世襲により継ぐのが慣例化している。さらに、アブダビは連邦の最大国家であるとともに連邦の中心国家である[6] ため、アブダビ首長が兼ねる連邦の大統領は事実上、絶対君主制国家の君主に比肩する強大な権限を行使している。
立憲君主制国家の元首
君主の政治的権限が強い立憲君主制国家の元首

議院内閣制を採用する立憲君主国であり、行政を担当する首相が存在するが、国家元首である君主が国政の実権を握っている例。

ヨルダン・ハシミテ王国の国王などが、これに分類される。
君主が儀礼上の存在となっている立憲君主制国家の元首

議院内閣制を採用する立憲君主国の君主(国王など)がこれにあたる。行政は議会に指名される首相に委ねられ、国家元首である君主は国政の実権を有さない。イギリスオランダノルウェーデンマークスペインカンボジアタイなどの国王が、これに分類される。日本天皇も一般的にこれに分類されることが多い。

憲法上、国家元首に期待される役割は、内閣の助言と承認に基づく首相を始めとする官吏の任免や、外国元首・大公使の接受といった儀礼的なものである。これらの国の中には、イギリスの国王のように法律上は強力な権限を与えられているケースもあるが、そうした権限は長年の不行使により形骸化しており、実際には行使されないのが通例である。上記のような理由から政治的発言の自制が求められる。

アンドラ公国では、成立の歴史的な経緯によって、フランスの大統領ウルヘル司教が「共同元首」となる。行政の実権は議会が指名する首相にあり、共同元首の権限は儀礼的なものに限られる。さらに、共同元首がアンドラに来訪することはほとんどなく、それぞれの代行者が来訪して、または駐在代理官が委任を受けて、その権限を行使する。


イギリス連邦(コモンウェルス)所属の国などの中には、イギリス国王(現在は女王エリザベス2世)を自国の国家元首として戴き、国王から任命された総督が元首権を代行するところがある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE