元素
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
古代ギリシア、イスラム世界(イスラム科学)、中世?18、19世紀頃までのヨーロッパで支持された四大元素説における元素の関係図。現代の化学での元素の説明。19世紀後半にその原型が提唱された周期表は、元素の種類と基本的な特徴や関係をその周期的な配列の中で説明する表である。

元素(げんそ、ラテン語: elementum・英語: element)は、古代から中世においては、万物(物質)の根源をなす不可欠な究極的要素[1][2]を指しており、現代では、「原子」が《物質を構成する具体的要素》を指すのに対し「元素」は《性質を包括する抽象的概念》を示す用語となった[2][3]化学の分野では、化学物質を構成する基礎的な成分(要素)を指す概念を指し、これは特に「化学元素」と呼ばれる[1][4]

化学物質を構成する基礎的な要素と「万物の根源をなす究極的要素」[5]としての元素とは異なるが、自然科学における元素に言及している文献では、混同や説明不足も見られる[注 1]


目次

1 概要

2 古代の万物の根元観

2.1 古代中国

2.2 古代インド

2.3 古代ギリシア


3 中世の元素観

3.1 錬金術


4 近世?現代の元素観

4.1 原子説

4.2 元素の発見と整理

4.3 元素の正体

4.4 主な元素の発見


5 元素の種類

6 表記法

6.1 日本語表記

6.2 表記例


7 元素の誕生

7.1 ガモフの理論とホイルの理論

7.2 ビッグバンにおける元素生成

7.3 恒星内での核融合

7.4 中性子捕獲による元素合成

7.5 その他の元素合成


8 元素の分布・存在比

8.1 宇宙での存在比

8.2 地球での分布・存在比

8.3 人体での存在比


9 元素鉱物

10 参考文献

11 脚注

11.1 注釈

11.2 脚注

11.3 脚注2


12 関連項目

13 外部リンク


概要

古代から中世において、万物の根源は仮説を積み上げる手段で考えられ、その源にある不可分なものを「元素」と捉えていた[2]ヨーロッパで成立した近代科学の成立以降、物質の基礎単位は原子、とする理論が構築されてからは、原子は「物質を構成する具体的要素」、元素は「性質を包括する抽象的概念」というように変わった[2][3]

原子》は構造的な概念であるのに対して、《元素》は特性の違いを示す概念である[6]。具体的には、各元素の差異は原子番号すなわち原子核に存在する陽子の数(核種)で区分される。したがって中性子の総数により質量数が異なる同位体も同じ元素として扱われる[3]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:92 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE