倭寇
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2014年7月)

倭寇(わこう)とは、一般的には13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島中国大陸の沿岸部や一部内陸、及び東アジア諸地域において活動した海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人の中国・朝鮮側の呼称[1]。和寇と表記される場合もある。また海乱鬼(かいらぎ)、八幡(ばはん)とも呼ばれる。倭寇


目次

1 概要

2 名称

3 倭寇の原因

3.1 元寇の報復説

3.1.1 日蓮註画讃

3.1.2 一谷入道御書


3.2 明に抵抗する勢力による扇動説

3.3 藤経光誘殺未遂の報復説


4 前期倭寇

4.1 前期倭寇と高麗

4.1.1 南北朝時代の政治動乱と倭寇


4.2 明朝と南北朝と前期倭寇

4.3 応永の外寇

4.4 偽装倭寇


5 後期倭寇

6 倭寇の構成員に関する学説

6.1 高麗の賤民の関与(田中説)

6.2 「境界人」説(村井説、他)

6.3 後期倭寇


7 倭寇の影響

8 活動地域

8.1 武術


9 倭寇以後の東アジア海上世界

9.1 八幡船


10 脚注

11 参考文献

12 外部リンク

13 関連項目


概要

倭寇の歴史は大きく見た時に前期倭寇(14世紀前後)と、過渡期を経た後期倭寇(16世紀)の二つに分けられる。

前期倭寇は主に瀬戸内海北九州を本拠とした日本人で一部が高麗人であり、主として朝鮮沿岸を活動の舞台として中国沿岸にも及んだが、李氏朝鮮対馬を中心とする統制貿易,日明勘合貿易の発展とともに消滅した[1]。高麗王朝の滅亡を早めた一因ともいわれる[1]

後期倭寇は明の海禁政策による懲罰を避けるためマラッカシャムパタニなどに移住した中国人(漸江省,福建省出身者)が多数派で一部に日本人(対馬,壱岐松浦五島薩摩など九州沿岸の出身者)をはじめポルトガル人など諸民族を含んでいたと推測されているが[2]、複数の学説がある。主として東シナ海南洋方面を活動舞台にしていたが、明の海防の強化と、日本国内を統一した豊臣秀吉海賊停止令で姿を消した[1]
名称

字句をそのまま解釈すれば、倭寇とは「(日本)による侵略」という意味で、中国、朝鮮では日本人海賊を意味する。使用例は5世紀(404年)の高句麗広開土王碑の条文にも見られるが、後世の意味とは異なる。

ここに見られる『倭、○○(地名)を寇す』という表現の漢文表記では『倭寇○○』のように「倭寇」の2字が連結しており、これが後に名詞として独立したと考えられている。

また、16世紀の豊臣秀吉文禄・慶長の役や、日中戦争における日本軍も「倭寇」と呼ばれるなど、朝鮮半島や中国において排日感情の表現として使用される事がある。現代でも、韓国人や中国人が日本人を侮蔑するときに用いており、「野蛮人」のニュアンスを含む。

今日では中国人、朝鮮・韓国人が『倭』を侮蔑的または差別的に使用しているが、「倭」の本来の意味は説文解字にある通り、『は、(かたち・様子に従う)』であり、『矮』とは違い小柄やチビなどを意味していない[3]
倭寇の原因
元寇の報復説


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE