供養
[Wikipedia|▼Menu]

供養(くよう)とは、サンスクリット語のプージャーまたはp?jan?(プージャナー)の訳で、菩薩諸天などに燈明・飲食などの供物を真心から捧げること。

日本の民間信仰では死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多く、これから派生して仏教と関係なく死者への対応という意味で広く供養と呼ぶこともある。また動物等に対する供養、さらには針供養や人形供養のように生き物でない道具等に対する供養もある。
目次

1 チベット仏教における供養

2 器物の供養

3 関連項目

4 脚注

5 参考文献

チベット仏教における供養

二種供養

利供養・・・
・飲食など財物を供養すること

法供養・・・僧が法を説くなど修行して衆生利益する供養


三種供養

利供養

敬供養(讃嘆恭敬する供養)

行供養(仏法を行ずる供養)


四事供養

飲食・衣服・臥具・湯薬


五供養(密教

塗香・華・焼香・飲食・灯明


六種供養

閼伽(あか=水)・塗香・華・焼香・飲食・灯明。

「閼伽・塗香・華」については全く同一の形状の「六器」により1対3組を、「焼香」は「火舎(香炉)」、「飲食」は「飲食器(おんじきき)」、灯明は油を満たした器にて祀る。

七種供養
チベット式。全く同一の形状の「七器」を用いる。「七器」すべてに水を注いで供物の代用とする方法や、灯明のみバターランプ器を用い、残る器に実際に供物を盛る方法がある[1]



一般的な方法:漱口水・洗足水・華・焼香・灯明・塗香・飯食[2]

父タントラ:飲食(ニューデ nee wi dy?)・塗香(ゲーンデ gandhe)・灯明(アーローケ ? lo ke)・焼香(ドゥーペー dhu pe?)・華(ヒューペー pu?hpe)・洗足水(パーデム p?dya? )・閼伽(アーガム argha?)

母タントラ:閼伽(アーガム argha?)・洗足水(パーデム p?dya?)・華(ヒューペー pu?hpe)・焼香(ドゥーペー dhu pe)・灯明(アーローケ ? lo ke)・塗香(ゲーンデ gandhe)・飲食(ニューデ nee wi dy?)


八種供養
七種供養に音楽(シャプタ shapta)を加えたもの[3]

十種供養

華・香・瓔珞抹香・塗香・焼香・所W憧幡(そうがいどうばん)・衣服・妓楽・合掌

などがある。
器物の供養

針供養

鋏供養

鏡供養

写真供養

表札供養

仏壇供養

経典供養

印章供養

人形供養

関連項目

ウィクショナリーに供養の項目があります。


仏壇



法要

中陰

年忌


祖先崇拝

施餓鬼

永代供養

ペット供養

手元供養

雁供養

源氏供養

脚注^ 『実践 チベット入門』,pp.45,46.
^ 『実践 チベット入門』,pp.45,46.
^ 『実践 チベット入門』,p.45.

参考文献

『実践 チベット仏教入門』 クンチョック・シタル、ソナム・ギャルツェン・ゴンタ、斎藤保高著、春秋社、1995年9月。ISBN 4-393-13272-6

この項目は、仏教に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますポータル 仏教/ウィキプロジェクト 仏教)。










仏教
基本教義

四諦

八正道

中道

苦(ドゥッカ)

四法印

三法印

諸行無常

諸法無我

涅槃寂静


一切皆苦


輪廻

三相

煩悩

三毒//

五蓋




三業


唯識

仏性

人物
釈迦

十大弟子

龍樹

無著

世親

玄奘

達磨

世界観
三千大千世界

六道(天界/人間道/修羅道/畜生道/餓鬼道/地獄道)

三界

解脱涅槃
菩提

菩薩

四向四果 (預流/一来/不還/阿羅漢)

実践
三十七道品

三学 (/禅定/般若)

四無量心 (///)

瞑想 (サマタ/ヴィパッサナー)

布施

信仰対象
三宝//)

仏の一覧

如来

菩薩

明王

天部

垂迹神

高僧

分類/宗派
原始仏教

部派仏教

大乗仏教

密教

神仏習合

修験道

仏教の宗派

仏教系新宗教

地域別仏教
インド

中国

日本

朝鮮

台湾


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:15 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE