作業療法
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

世界の作業療法の歴史

紀元前4世紀-3世紀(ギリシャ)- ヒポクラテスがクライエント(当時は患者と呼んだ)の回復のために作業を行わせた。

1世紀(ギリシャ)- ガレノスが「仕事は天然の医師なり」と言い、作業を治療に活用した

18世紀後半(フランス)- ピネルが道徳療法という名のもとで、精神科治療のために作業を用いた。

18世紀後半(アメリカ)- ラッシュがアメリカで作業療法をはじめて導入した。

19世紀前半(イギリス)- テュークが精神科治療のために作業療法(当時は仕事療法と道徳療法と呼称)の重要性を強調した。

1916年(日本)- 呉秀三が日本に作業療法をはじめて導入した。

1917年(アメリカ)- バートンがアメリカで作業療法の協会を設立した。

1946年(日本)- 水野祥太郎が身体障害者公共職業補導所で作業の評価と指導を開始した。

1952年(世界)- 国際作業療法士連盟が設立された。

関連項目

作業

作業科学

作業療法士

日本の作業療法学者

デイケア

外部リンク

日本作業療法士協会

WFOT(英語)

NPO法人POTA(精神科作業療法協会)


更新日時:2017年3月25日(土)22:53
取得日時:2017/10/18 09:07
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:9022 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE