作業療法士
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

年譜

1963年 - 国内で最初の養成学校(国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院(3年制))が設立される。リハビリテーションに関する専門学校は、厚生省(当時)の管轄となる。その後、短大大学にも養成学科が設立されていくが、これらは文部省の管轄である。

1965年 - 理学療法士及び作業療法士法が制定される。

1966年 - 国家資格としての作業療法士が制定される。

1966年9月 - 日本作業療法士協会が結成される。

1974年 - 精神科作業療法診療報酬制度が法定化される。

1975年 - 精神科作業療法診療報酬制度が点数化される。

1975年5月 - 72回日本精神神経学会総会決議シンポジウムが開催される。作業療法がテーマであった。一般演題に菅修の『作業療法の奏効機転』があった。この総会の主目的は、「作業療法点数化に反対」であった。反対理由は、作業療法と称し患者を病院で使役させる、悪徳病院の使役を正当化するなどであった。

1985年6月13日 - 日本作業療法士協会が作業療法の定義を独自に定める。

1993年 - 広島大学に初めて四年制の作業療法士養成課程(医学部保健学科作業療法学専攻)が設置される。

1996年 - 作業療法学の修士課程が設置された。

1998年 - 作業療法学の博士課程が設置された。

2007年 - 日本作業療法士協会が「作業療法5ヵ年戦略」を策定した。

2008年12月 - 9月25日を作業療法の日と制定した。

2009年12月 - 政治団体、日本作業療法士連盟が設立される。

2013年 - 日本作業療法士協会が「第二次作業療法5ヵ年戦略」を策定した[2]

データ

2015年現在、有資格者は74,801名、養成校数は184校である[3]
養成

作業療法士になるためには、専門の養成校を卒業し、作業療法士国家試験に合格しなければならない。養成校については、理学療法士作業療法士養成施設を参照のこと。
作業療法士と理学療法士の違い

作業療法士(OT)が行うリハビリの目的は、「身体障害者と精神障害者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」である。一方、理学療法士(PT)が行うリハビリの目的は、「身障者の基本的な動作能力を回復させること」である。障害や後遺症のある「体の部位」に注目し、腕の曲げ伸ばしなどの運動療法、温熱や電気刺激等の物理療法、服の着替えや入浴等を模擬訓練する日常生活活動(ADL)といった手法を用いて、目標となる部位の能力・機能を回復させるためのリハビリテーションを行う。理学療法士のリハビリでひとまず身体が動くようになった患者に対し、作業療法士が、手工芸(折り紙木工陶芸編み物など)、芸術音楽絵画塗り絵書道俳句など)、遊びトランプ将棋オセロパズルなど)やスポーツ散歩体操ゲートボールダンスなど)などの「創作活動やレクリエーション」、日常動作(食事料理掃除読書など)である「生活活動」などの「行為作業)」を通し、次の段階である「社会復帰する為の訓練」をさせて、日常生活をスムーズに送るための複合的な動作が可能になるよう、リハビリを行う。一般的に「文化系の作業療法士、体育会系の理学療法士」[4]と言われており、作業療法は様々な作業のバリエーションの中で複合的に機能を回復させてゆくのに対し、理学療法は運動などの反復活動が多い。
日本の作業療法士免許を持つ著名人

生田宗博

太田篤志

京極真

杉原素子

関昌家

藤原茂

堀越啓仁

矢谷令子

山田孝

山根寛

吉川ひろみ

出典

[ヘルプ]
^http://www.jaot.or.jp/international/wfot_definition.html
^http://www.jaot.or.jp/wp-content/uploads/2014/10/2nd-5year-strategy.pdf
^http://www.jaot.or.jp/kankobutsu/pdf/ot-news2016/2016-01.pdf


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:21 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE