作曲家
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「サウンドクリエイター」はこの項目へ転送されています。電子音楽におけるサウンドクリエイター (いわゆるシンセサイザープログラマー)については「マニピュレーター」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年9月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年9月)


作曲家(さっきょくか)は、音楽を創作(作曲)する人のことであり、とくにそれを生業とする人を指す。日本語で作曲者というとそれより広い意味を持つことがある。


目次

1 歴史

2 解説

3 脚注

4 関連項目


歴史

古くは作曲家と演奏家の区別がなかったこともあり、民族音楽では伝承に基づいた音楽形態を即興を交えて演奏する形が普通で、作曲家の成立する余地はない。

職業としての作曲家について、欧州ではもともと作曲家は宮廷のためにイベント冠婚葬祭のための「音楽家」として雇われていた。その宮廷の中で曲を作り、演奏または指揮をこなし活動していた。作曲家か自身が作曲だけで養っていくようになったのは、宮廷政治が崩壊の後、コンサートが市民など行われるようになり、そこに自分の楽譜を売りこんだり(印刷技術の発展)、自分のリサイタルを開催し、入場料などを徴収し自立していくようになる。
解説

日本ポピュラー音楽においては、歌手が自分が歌う曲を自分で作曲する場合が多くあるが、そのような歌手はシンガーソングライターと呼ばれる場合が多く、作曲家と呼ばれる事は稀である。通常自分では歌うことをせず、自作曲を他人に提供することを主に行う音楽家のみを「作曲家」と呼ぶ。

声楽曲においてはメロディーのみを作成する作曲家、楽曲ピアノギターなどの伴奏を付けて仕上げる作編曲家、オーケストラ編曲まで手がける作編曲家、DTMソフトを使ってデジタルデータとして仕上げる作編曲家など、スタイルは様々ある。

作曲家の印税は、日本音楽著作権協会の使用料規程により、CDの場合は売上げの6%、ライブの場合は売上げの5%が著作権使用料としてレコード会社やコンサート主催者から徴収され、これらを契約に応じて作詞家音楽出版社と分配する。

日本作曲家協会の正会員(会の趣旨に賛同する職業的作曲家)となるには、正会員2名の推薦を受け、理事会所定の申込書を理事長に提出し、理事会の承認を受ける手続きを経る[1]
脚注^公益社団法人日本作曲家協会 定款 p.2 2016年11月19日閲覧。

関連項目

作曲家一覧

クラシック音楽の作曲家一覧

オペラ作曲家一覧

作曲家一覧#映画

作曲家一覧#現代の音楽

作曲家一覧#ゲーム

作曲家一覧#アニメ

作曲家一覧#ジャズ

作曲家一覧#イージーリスニング

作曲家一覧#日本の歌謡曲・J-POP

作曲家一覧#労働歌

ゲーム音楽の作曲家一覧

アニメ音楽の作曲家一覧

劇伴音楽の作曲家一覧


ミュージシャン一覧

編曲家

スタジオ・ミュージシャン

音楽プロデューサー

トラックメイカー

作家

この項目は、音楽に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますポータル 音楽/ウィキプロジェクト 音楽)。










音楽
音楽史

古代

古代ギリシア

古代西洋


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE